芸能人・経営者のおくやみ情報

山岡洋一 氏(やまおかよういち)

翻訳家[日本]

2011年 8月20日 死去心筋梗塞享年63歳

山岡 洋一(やまおか よういち、1949年 - 2011年8月20日)は、神奈川県出身の翻訳家。
青山学院大学文学部英米文学科の兼任講師も勤めた。
灘高等学校卒業、東京大学中退。
経済、経営、金融を中心とする社会科学分野全般の翻訳に携わるほか、J.S.ミル『自由論』やアダム・スミス『国富論』等、古典の新訳もおこなっていた。
翻訳をテーマとしたオンライン・ジャーナル『翻訳通信』を主宰していた。
2011年8月20日、心筋梗塞のため横浜市の病院で死去。
62歳没。
著書 『翻訳とは何か―職業としての翻訳』(日外アソシエーツ, 2001年) 『英単語のあぶない常識―翻訳名人は訳語をこう決める』(ちくま新書, 2002年) 編著 『ビジネスマンのための経済・金融英和実用辞典』日経BP社 1996 訳書 レイシー・H.ハント『アメリカ金融・景気指標の読み方 投資家のための手引書』東洋経済新報社 1988 マーク・ファーバー『相場の波で儲ける法 大マネー・ゲーム時代の成功術』東洋経済新報社 1989 テリー・ジョーンズ『エリック・ザ・バイキング』日本放送出版協会 1990 トム・バウアー『海に消えた怪物 メディア王マクスウェルは現代史の黒幕たらんとしたのか』(文藝春秋、1992年) セイモア・ハーシュ 『サムソン・オプション』(文藝春秋、1992年) ヴラジーミル・ソロヴィヨフ/エレーナ・クレピコヴァ『エリツィンの選択』(文藝春秋、1992年) ジョエル・クルツマン『デス・オブ・マネー』講談社 1993 パスカル・ザカリー『闘うプログラマー ビル・ゲイツの野望を担った男達』(日経BP出版センター, 1994年) エドワード・リンカーン『新生日本の条件』講談社 1994 ジェームズ・アベグレン『東アジア巨大市場―日本は「脱米入亜」に舵を取れ』(阪急コミュニケーションズ, 1994年) ボブ・ウッ ……

山岡 洋一氏(やまおか・よういち=翻訳家)20日午前0時4分、心筋梗塞のため横浜市の病院で死去、62歳。神奈川県出身。葬儀は27日午前10時から同市緑区長津田5125の1の横浜市北部斎場で。喪主は長男佑(たすく)氏。 「国富論」などの古典のほか、「資本主義の未来」「ビジョナリーカンパニー」など経済書や経営書を多数手掛けた。(2011/08/22-12:25)

翻訳家(英語)。 1949年、生まれ。2011年8月20日、死去。62歳だった。 神奈川県出身。 ビジネス書、経済書を手掛ける。 (引用元 Hatena Keyword)

「山岡洋一」と関連する人物(故人)