芸能人・経営者のおくやみ情報

伊良部秀輝 氏(いらぶひでき)

プロ野球投手、メジャーリーガー[日本]

2011年 7月27日 死去自殺享年42歳

伊良部 秀輝(いらぶ ひでき、1969年5月5日 - 2011年7月27日)は、日本のプロ野球選手(投手)。
プロ入り前 沖縄県コザ市(現在の沖縄市)生まれ、兵庫県尼崎市育ち。
父親は在日米軍兵士であるアメリカ人、母親は日本人のハーフとして生まれる。
父親は間もなく帰国した。
常光寺小学校、若草中学校を卒業後、香川県の尽誠学園高等学校に進学。
1986年と1987年の全国高等学校野球選手権大会に出場。
1学年下に在籍した佐伯貴弘は「(87年夏の甲子園出場経験は)伊良部さんに連れて行ってもらったようなもの」とコメントしている。
1987年のドラフト会議でロッテオリオンズが1位指名で交渉権を獲得し、契約金5000万円、年俸500万円(金額は推定)で入団合意した。
ロッテ時代 1年目から1軍のマウンドを経験。
村田兆治、前田幸長らとともにチームの弱小投手陣を支えた。
入団2年目に西武の清原和博との対戦時に156km/hをマークするなど当時から球速はめっぽう速かったが、コントロールが悪くカウントを悪くしては失投を痛打されるなど入団後数年は試練の時が続いた。

元プロ野球・MLB選手。ポジションは投手。背番号は41番。 1969年5月5日沖縄県宮古島生まれ。兵庫県尼崎市出身。右投右打。 ロッテ時代はMAX158kmの速球を武器にエースとして活躍。 1996年フロントともめた末にメジャーリーグへ移籍、ヤンキースでは2年連続2桁勝利を記録するなどそれなりの成績を残すもメジャー晩年はいまひとつ。 2003年、阪神タイガースへ移籍し8年ぶりに日本球界へ復帰、その年13勝をあげ18年ぶりのセ・リーグ優勝に貢献した。 「クラゲ」の愛称(?)は大沢親分が命名したとか。 2004年、けがなどにより1勝もできず同年10月5日、戦力外通告され、現役引退。 2009年、米独立リーグに現役に復帰。その後8月に日本の四国・九州アイランドリーグの高知に入団。 2010年、再び引退表明。 2011年7月29日、ロサンゼルスの自宅で自殺。 no title no title (引用元 Hatena Keyword)