芸能人・経営者のおくやみ情報

池田勇人 氏(いけだはやと)

政治家、大蔵官僚、内閣総理大臣、自由民主党総裁[日本]

1965年 8月13日 死去食道・肺がん享年65歳

池田勇人 - ウィキペディアより引用

第1次池田内閣 58・第2次池田内閣 59・第3次池田内閣 60
池田 勇人(いけだ はやと)ファイル:Hayato Ikeda 1956.jpg 200px
1899年(明治32年)
12月3日
広島県吉名村
(現・竹原市)
京都帝国大学
正二位大勲位学士(京都帝国大学)
大蔵省行政官宇都宮税務署署長大蔵省主税局局長大蔵省事務次官衆議院議員大蔵大臣通商産業大臣自由党幹事長国務大臣自由民主党総裁
世襲ではない(#家族・親族 家族・親族参照)
1960年7月19日 1964年11月9日
衆広島2区
自由民主党
1965年8月13日}}
池田 勇人(いけだ はやと、1899年(明治32年)12月3日 - 1965年(昭和40年)8月13日)は日本の大蔵省 大蔵官僚、政治家。
第58代から第60代まで内閣総理大臣を務めた。
正二位大勲位。
19世紀生まれの最後の首相である。

いけだはやと [生]1899.12.3.広島[没]1965.8.13.東京政治家。京都大学卒業後大蔵省に入り(1925),主税局長,大蔵事務次官(47)を経て,1949年政界入りし,吉田茂首相に重用され,大蔵大臣,通産大臣や自由党幹事長などの重要ポストを歴任。60年安保改訂後辞職した岸信介の跡を継いで自由民主党総裁となり,首相に就任した。日本経済の高度成長期にあたり,「寛容と忍耐」のキャッチフレーズを打出しつつ,所得倍増計画や経済成長政策を採用し,また親米外交路線で,64年まで政権を担当,病床につくや,佐藤栄作に首相の座を譲り,翌65年死去した。 (引用元 コトバンク)