芸能人・経営者のおくやみ情報

鳩山一郎 氏(はとやまいちろう)

政治家、内閣総理大臣、日本民主党総裁[日本]

1959年 3月7日 死去享年77歳

鳩山一郎 - ウィキペディアより引用

鳩山 一郎(はとやま いちろう、1883年(明治16年)1月1日 - 1959年(昭和34年)3月7日)は、日本の政治家、弁護士。
第52・53・54代内閣総理大臣。
位階勲等は正二位大勲位。
1912年(大正元年)に東京市議会議員に当選。
1915年(大正4年)に衆議院議員に当選して以来、政党政治家として活動。
1954年(昭和29年)-1956年(昭和31年)の首相在任中、保守合同を成し遂げて自由民主党の初代総裁となり、日本とソビエト連邦の国交回復を実現した。
1883年(明治16年) 東京市牛込区(現・東京都新宿区)東五軒町に出生。
父・鳩山和夫は文部省第1期留学生、弁護士、東京府議会議員。
母・春子は東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)の英語教師、明治19年共立女子職業学校(共立女子大学)を創立。
1895年(明治28年) 高等師範学校附属小学校(現・筑波大学附属小学校)卒業。
1900年(明治33年) 高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。

鳩山一郎(1883.1.1-1959.3.7) 日本の政治家。 第52,53,54代総理大臣。 鳩山由紀夫・鳩山邦夫両氏の祖父。 都議会議員・鳩山太郎の曽祖父。 自由民主党初代総裁。 首相就任中、日ソ共同宣言を調印。 日本におけるフリーメイスンの一人でもあった。 (引用元 Hatena Keyword)