芸能人・経営者のおくやみ情報

片山哲 氏(かたやまてつ)

政治家、内閣総理大臣、日本社会党委員長[日本]

1978年 5月30日 死去享年92歳

片山 哲(かたやま てつ、1887年(明治20年)7月28日 - 1978年(昭和53年)5月30日)は、日本の弁護士、政治家。
位階は従二位。
勲等は勲一等。
社会民衆党書記長(初代)、衆議院議員(12期)、社会大衆党執行委員、日本社会党書記長(初代)、日本社会党委員長(初代)、内閣総理大臣(第46代)、民主社会党常任顧問などを歴任した。
来歴・人物 第二次世界大戦前 和歌山県田辺市に生まれる。
和歌山県立田辺中学校(現・和歌山県立田辺高等学校)、第三高等学校(現・京都大学)を経て、一家で同郷の人物で「軍艦行進曲」の作詞者・鳥山啓宅に寄宿、東京帝国大学法学部独法科卒業。
卒業後YMCA寄宿舎の一室を借りて「簡易法律相談所」を開設、弁護士として活動した。
社会民衆党の結成に参加し、書記長に就任した。
1930年(昭和5年)に神奈川2区から衆議院議員に初当選。
以後、当選12回を数えた。
しかし、第21回衆議院議員総選挙(翼賛選挙)で1度、首相経験者として1949年(昭和24年)の衆院選・1963年(昭和38年)の衆院選で落選を2度も経験している(首相経験者が公選選挙で落選した例として他に石橋湛山や海部俊樹がいるが、首相経験者として2度落選したことがあるのは片山だけである)。

社会運動家・政治家・弁護士。和歌山県生。東大卒。安部磯雄の社会運動に参加し、政治活動を始め、衆議院選で当選。社会民衆党書記長となり、社会大衆党を結成するが離党。戦後日本社会党を結成、同党委員長となり、社会党首班内閣を組閣し、首相となる。総辞職後、憲法擁護国民連合を結成、のち民主社会党を結党し、党最高顧問となる。著に『回顧と展望』等。昭和53年(1978)歿、91才。 (引用元 コトバンク)