芸能人・経営者のおくやみ情報

平沼騏一郎 氏(ひらぬまきいちろう)

政治家、内閣総理大臣、男爵[日本]

1952年 8月22日 死去享年86歳

平沼騏一郎 - ウィキペディアより引用

平沼 騏一郎(ひらぬま きいちろう、慶応3年9月28日(1867年10月25日) - 昭和27年(1952年)8月22日)は、日本の司法官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は勲一等。
爵位は男爵。
学位は法学博士。
号は機外。
大審院検事局検事総長(第8代)、大審院長(第11代)、日本大学総長(第2代)、大東文化学院総長(初代)、財団法人大東文化協会会頭(第3代)、司法大臣(第26代)、貴族院議員、枢密院副議長(第11代)、枢密院議長(第17・21代)、内閣総理大臣(第35代)、国務大臣、内務大臣(第62代)などを歴任した。
東京控訴院部長や大審院検事局検事を務めたのち、司法省にて民刑局の局長などを経て次官に就任した。
その後、大審院検事局にて検事総長に就任し、さらに、大審院の院長を務めた。
法曹界で権力を持ち、保守・右派勢力の中心人物として暗躍し、帝人事件や企画院事件を引き起こす。
第2次山本内閣にて司法大臣として入閣を果たす。
貴族院議員、枢密顧問官などを経て、枢密院の副議長や議長を務めた。
内閣総理大臣に指名され、平沼内閣を組閣した。

元首相。日本大学総長。右翼思想家。 1867年10月25日岡山県生まれ。 東京帝国大学法学部卒業後司法官僚となる。 1921年 大審院長*1 1923年 第2次山本内閣で法相 1939年 内閣総理大臣に。独ソ不可侵条約締結の責任を取り(彼の極端な反共主義に因る)退陣。 1940年 近衛内閣の国務相兼内相。 太平洋戦争後、極東軍事裁判にてA級戦犯となり、終身刑が言い渡される。 1952年病気仮釈放直後に死去。 国本社を結成し、戦前の右翼思想に多大な影響を与えた。 平沼赳夫衆議院議員の大叔父に当たる。  平沼騏一郎 1867-1952 司法官、政治家。美作国に生まれる。兄は経済史学者平沼淑郎。 明治十六年東京大学法学部に入り(「明治十六年事件」で一時退学処分を受けた)、二十一年帝国大学法科大学を卒業。司法省参事官試補を命ぜられ、民事局勤務。判事試補として芝区・京橋区・東京地裁・千葉横浜地裁・東京控訴院部長を経、明治三十二年東京控訴院検事に。三十八年大審院検事に、三十九年司法省民刑局長に。四十年英独仏へ派遣、法学博士称号を与えられる。日糖疑獄の処理や幸徳事件(大逆事件)の取扱いで名を上げた。四十四年刑事局長、大正元年(1912)検事総長。大正三年シーメンス事件、四年大浦内相事件、七年八幡製鉄所事件で腕を振るう。明治四十年法律取調委員、大正八年臨時法制審議会副総裁に任命され、立法・法改正に参画。 大正四年、東洋道徳学術の究明振興のため「無窮会」を創立。大正十年大審院長、十二年第二次山本内閣の司法大臣に。関東大震災直後に組閣されたこの内閣では重鎮の一人で、十一年に発布され …… (引用元 Hatena Keyword)