芸能人・経営者のおくやみ情報

工藤甲人 氏(くどうこうじん)

日本画家[日本]

2011年 7月29日 死去老衰享年97歳

工藤 甲人(くどう こうじん、本名:工藤 儀助(くどう ぎすけ)、1915年7月30日 - 2011年7月29日)は、日本の画家、日本画家。
創画会会員。
東京芸術大学名誉教授、沖縄県立芸術大学客員教授。
青森県弘前市出身。
川端画学校日本画科を卒業後、福田豊四郎に師事した。
自然の昆虫や小動物、植物の葉などを繊細な描線で描き、その周りを群青などの単色の岩絵具で色面を大きく取り、装飾的に感じるような構図が特徴とされる。
東京芸術大学、沖縄県立芸術大学で教鞭を執り、後進の育成にも当たっていた。
2002年には、神奈川県庁に飾られていた工藤の作品が盗難の被害に遭ったこともある。
2011年7月29日、老衰のため神奈川県平塚市で死去。
95歳没。
賞詞 1951年 第1回新制作協会日本画部新作家賞受賞 1956年 第6回新制作協会日本画部新作家賞 1963年 神奈川県立近代美術館賞 1964年 現代日本美術展優秀賞 1982年 美術文化振興協会賞 1988年 芸術選奨文部大臣賞 1989年 勲四等旭日小綬章受章 1992年 毎日芸術賞受賞 1996年 弘前市名誉市民 代表的な作品 『示現』 紙本・彩色・額(1面)116.5×79.9cm 1976年 など。

工藤 甲人氏(くどう・こうじん、本名儀助=ぎすけ=日本画家)29日午後2時48分、老衰のため死去、95歳。青森県出身。葬儀は8月3日正午から東京都港区芝公園4の7の35の増上寺光摂殿蓮華の間で。喪主は長男正志(まさし)氏。 自然をモチーフにした幻想的な画風で知られ、創画会の設立に参加した。東京芸大名誉教授。(2011/07/30-22:23)

画家、東京藝術大学名誉教授。 本名:工藤儀助(くどう・ぎすけ) 1915年、生まれ。2011年7月29日、死去。95歳だった。 青森県弘前市出身。 芸術選奨文部大臣賞などを受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

「工藤甲人」と関連する人物(故人)