芸能人・経営者のおくやみ情報

弘文天皇

第39代天皇、大友皇子[日本]

(ユリウス暦) 0672年 8月21日 死去享年歳

弘文天皇 - ウィキペディアより引用

弘文天皇(こうぶんてんのう、大化4年(648年)- 天武天皇元年7月23日(672年8月21日))は、第39代天皇(在位:天智天皇10年12月5日(672年1月9日) - 天武天皇元年7月23日(672年8月21日))。
諱は大友(おおとも)または 伊賀(いが)。
明治3年(1870年)に諡号を贈られ天皇として認められたが即位したかどうか定かではなく大友皇子と表記されることも多い。
天智天皇の第一皇子。
母は伊賀采女宅子娘(いがのうねめ・やかこのいらつめ)。
天智後継者として統治したが、壬申の乱において叔父・大海人皇子(後の天武天皇)に敗北し、首を吊って自害する。
正妃:十市皇女(天武天皇皇女) 葛野王 - 淡海真人・朝臣の祖(→淡海三船) 妃:藤原耳面刀自(藤原鎌足女) 壱志姫王異母兄弟姉妹 兄弟姉妹の表記は第一皇子、第二皇子等の記述を基にしたが、序列的な意味合いもあるため実際の生誕順ではないことがある。

こうぶんてんのう [生]大化4(648)?[没]弘文1(672).7.23.近江第39代の天皇(在位671~672)。名は大友皇子また伊賀皇子。天智天皇の第1皇子。母は伊賀采女宅子娘(やかこのいらつめ)。父天智天皇に深く愛され,すでに皇太子大海人(天武天皇)がいたにもかかわらず,天智10(671)年太政大臣に任じられ政治に参与,皇儲に擬せられた。天智天皇の没後,大海人皇子と皇位を争い(→壬申の乱),大海人皇子の軍に敗れて山前(滋賀県長等山)で自殺した。天皇の即位については,『日本書紀』に記載がなく,疑義をもたれている。『大日本史』は大友天皇の本紀を立て,明治3(1870)年に明治天皇によって弘文天皇と追諡された。漢詩に長じ,『懐風藻』に2編を収めている。妃は大海人皇子の娘十市皇女である。陵墓は滋賀県大津市の長等山前陵。 (引用元 コトバンク)