芸能人・経営者のおくやみ情報

孝徳天皇

第36代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0654年 11月24日 死去享年歳

孝徳天皇 - ウィキペディアより引用

孝徳天皇(こうとくてんのう、推古天皇4年(596年) - 白雉5年10月10日(654年11月24日))は、日本の第36代天皇(在位:孝徳天皇元年6月14日(645年7月12日) - 白雉5年10月10日(654年11月24日))。
諱は軽(かる)。
和風諡号は天万豊日天皇(あめよろずとよひのすめらみこと)。
その在位中には難波宮に宮廷があったことから、後世その在位時期をその政策(後世でいうところの大化改新)などを含めて難波朝(なにわちょう)という別称で称されることがあった。
生涯 敏達天皇の孫で押坂彦人大兄皇子の王子、茅渟王の長男。
母は欽明天皇の孫で桜井皇子の王女、吉備姫王。
皇極天皇(斉明天皇)の同母弟。
天智天皇(中大兄皇子)・間人皇女・天武天皇(大海人皇子)の叔父。
姪・間人皇女を皇后にした。
阿倍倉梯麻呂(阿倍内麻呂)の娘の小足媛を妃として、有間皇子を儲けた。
他に子女は確認されていない。
蘇我倉山田石川麻呂の娘の乳娘(ちのいらつめ)を妃とした。
『日本書紀』の評によれば、天皇は仏法を尊び、神道を軽んじた。
柔仁で儒者を好み、貴賎を問わずしきりに恩勅を下した。

  • 題名
    孝徳天皇私記
    著者
    浜田清次
    発売元
    桜楓社
    発売日
    1988-01
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 5,000 より
  • 題名
    平城京誕生 (角川選書)
    著者
    吉村武彦
    発売元
    KADOKAWA / 角川学芸出版
    発売日
    2014-12-15
    新品価格
    より
    中古商品
    より

こうとくてんのう [生]推古4(596)[没]白雉5(654).10.10.摂津第36代の天皇(在位645~654)。名は天万豊日尊(あめよろずとよひのみこと)。茅渟王(ちぬのおおきみ)の王子,皇極天皇の弟,敏達天皇の曾孫。母は吉備姫王。初めは軽皇子と称した。皇極4(645)年中大兄皇子らが蘇我氏を誅滅したのち,中臣鎌足の意見もあって軽皇子が即位した。天皇は中大兄皇子を皇太子とし,大化と建元し,大化改新の事業を進めた。すなわち大化2(646)年正月1日詔を出して,班田収授,租・庸・調の制などを定めた。同年都を飛鳥から摂津の難波長柄豊碕宮(ながらのとよさきのみや)に移したが,この宮は長安京に模した日本で最初の都城である。間人皇女を立てて皇后とした。陵墓は大阪府南河内郡太子町の大阪磯長陵。 (引用元 コトバンク)