芸能人・経営者のおくやみ情報

敏達天皇

第30代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0585年 9月14日 死去享年歳

敏達天皇 - ウィキペディアより引用

敏達天皇(びだつてんのう、宣化天皇3年?(538年?) - 敏達天皇14年8月15日(585年9月14日?)は、第30代天皇。
在位期間は、敏達天皇元年4月3日(572年4月30日?)から同14年8月15日(585年9月14日?)まで。
和風諡号は渟中倉太珠敷尊(ぬなくらのふとたましきのみこと。
『古事記』では沼名倉太珠敷命)。
別名、他田天皇。
系譜 欽明天皇の第二皇子。
母親は宣化天皇の皇女・皇后石姫皇女。
皇后(前):広姫(ひろひめ、息長真手王の女) 敏達4年(575年)薨去 押坂彦人大兄皇子(おしさかのひこひとのおおえのみこ、麻呂子皇子) 逆登皇女(さかのぼりのひめみこ、坂騰王) 菟道皇女(うじのひめみこ、宇遅王) 伊勢斎宮 皇后(後):額田部皇女(ぬかたべのひめみこ、後の推古天皇) 菟道貝鮹皇女(うじのかいたこのひめみこ、菟道磯津貝皇女・静貝王) 聖徳太子の妃 竹田皇子(たけだのみこ) 小墾田皇女(おはりたのひめみこ) 押坂彦人大兄皇子の妃 鸕鶿守皇女(うもりのひめみこ、軽守皇女・宇毛理王) 葛城王(かずらきのみこ、古事記のみ) 尾張皇子(おわりのみこ) 橘大郎女の父 田眼皇女(ためのひめみこ、多米王) 舒明天皇の妃 桜井弓張皇女(さくらいのゆみはりのひめみこ、桜井玄王・由波利王) 押坂彦人大兄皇子の妃・来目皇子の妃  夫人:老女子(おみなご、春日臣仲君の女) 難波皇子(なにわのみこ) 橘朝臣・路真人・甘南備真人・大宅真人などの祖 春日皇子(かすがのみこ) 春日真人などの祖 桑田皇女(くわたのひめみこ) 大派皇子(おおまたのみこ、大俣王) 采女:菟名子(うなこ、伊勢大鹿首小熊の女) 太姫皇女(ふとひめのみこ、桜井皇女・布斗比売命) 糠手姫皇女(ぬかでひめのみこ、田村皇女・宝王・島皇祖母命) 押坂彦人大兄皇子の妃・舒 ……

  • 題名
    聖徳太子伝
    著者
    杉本好伸
    発売元
    国書刊行会
    ページ数
    488ページ
    発売日
    2011-02-28
    新品価格
    ¥ 8,640
    中古商品
    ¥ 2,296 より

びだつてんのう [生]宣化3(538).大和[没]敏達14(585).8.15.大和第30代の天皇(在位572~585)。名,渟中倉太珠敷尊(ぬなくらふとたましきのみこと)。欽明天皇の第2皇子。母は皇后石姫(いわのひめ)皇女。大和の訳語田幸玉宮(おさだのさきたまのみや)に都した。皇后は額田部(ぬかたべ)皇女,のちの豊御食炊屋姫(とよみけかしぎやひめ。推古天皇)。治世中仏教受容をめぐって蘇我馬子と物部守屋との崇仏論争があり,また新羅に滅ぼされた任那(みまな)を回復しようとして不成功に終るなど,内外多事であった。陵墓は大阪府南河内郡太子町の河内磯長中尾陵。 (引用元 コトバンク)