芸能人・経営者のおくやみ情報

武烈天皇

第25代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0507年 1月7日 死去享年歳

武烈天皇 - ウィキペディアより引用

武烈天皇(ぶれつてんのう、仁賢天皇2年 - 武烈天皇8年12月8日)は、古墳時代の第25代天皇(在位:仁賢天皇11年12月 - 武烈天皇8年12月8日)。
名は小泊瀬稚鷦鷯尊(おはつせのわかさざきのみこと)・小泊瀬稚鷦鷯天皇(-のすめらみこと、以上『日本書紀』)、小長谷若雀命(『古事記』)。
実在した人物かどうかについては議論がある。
系譜 父は仁賢天皇、母は雄略天皇の皇女・春日大娘皇女。
同母姉妹に、手白香皇女(継体天皇の皇后・欽明天皇の母)・橘仲皇女(宣化天皇の皇后)らがいる。
皇后:春日娘子(かすがのいらつめ) - 『古事記』に見えず。
皇子女なし『日本書紀』に「男女無くして継嗣絶ゆべし」、『古事記』にも「日続知らすべき王無かりき」とある。
皇居 都は泊瀬列城宮(はつせのなみきのみや)。
奈良県桜井市出雲の十二柱神社に「武烈天皇泊瀬列城宮跡」の石碑がある。
『古事記』では「長谷之列木宮」と記す。
仁賢天皇7年正月3日に立太子する。
同11年8月8日に仁賢天皇が崩御した後、大臣の平群真鳥が国政をほしいままにした。

ぶれつてんのう 第25代に数えられる天皇。「記紀」によれば,在位は499~506年。名,オハツセワカサザキノミコト。仁賢天皇の皇子。母は皇后春日大娘(かすがのおおいらつめ)皇女。仁賢天皇の没後,専権をふるっていた大臣平群真鳥(へぐりのまとり),その子鮪(しび)を誅して即位,大和の泊瀬列城(はつせのみなき)宮に都した。『日本書紀』には天皇の凶暴を多く記しているが,これは朝鮮ないし中国の記事などの模倣または混入とみられる。陵墓は奈良県香芝市の傍丘磐杯丘(かたおかのいわつきのおか)北陵。 (引用元 コトバンク)