芸能人・経営者のおくやみ情報

安康天皇(あんこうてんのう)

第20代天皇[日本]

(ユリウス暦) 0456年 9月24日 死去暗殺享年歳

安康天皇 - ウィキペディアより引用

安康天皇(あんこうてんのう、履中天皇2年? - 安康天皇3年8月9日)は、第20代天皇(在位:允恭天皇42年12月14日 - 安康天皇3年8月9日)。
穴穂天皇・穴穂皇子(あなほのみこ)。
中国の『宋書』・『梁書』に記される「倭の五王」中の倭王興に比定されている。
系譜 允恭天皇の第二皇子。
母は忍坂大中姫。
雄略天皇の同母兄。
皇后:中磯皇女(中蒂姫命。
履中天皇の皇女) 皇子女なし 皇居 都は石上穴穂宮(いそのかみのあなほのみや。
現在の奈良県天理市田町、あるいは同市田部か)。
允恭天皇42年1月に允恭天皇が崩御する。
皇太子の木梨軽皇子には近親相姦の前科が有ったために群臣は皆従わず、弟の穴穂皇子の側に付いた。
軽皇子は穴穂皇子を討ち殺そうとして兵を集めるが、群臣が離反していく不利な現況を悲嘆して、物部大前宿禰(もののべのおおまえのすくね)の家に潜んだ。
穴穂皇子が率いる兵に包囲され、大前宿禰の計らいで戦は避けられたが、軽皇子は自裁した(尚、『古事記』では伊余湯に流罪となったと記される)。