芸能人・経営者のおくやみ情報

大石主税(おおいしちから)

赤穂浪士四十七士[日本]

(大石内蔵助の長男、元禄16年2月4日没)

1703年 3月20日 死去切腹享年16歳

大石主税 - ウィキペディアより引用

『大石良金』より : 大石 良金(おおいし よしかね、元禄元年(1688年) - 元禄16年2月4日(1703年3月20日))は、江戸時代前期の武士。
赤穂浪士四十七士の一人。
幼名は松之丞(まつのじょう)、通称は主税(ちから)。
父は大石良雄。
母はりく。
弟に大石吉之進、大石大三郎。
また妹に大石くうと大石るりがいる。
本姓は藤原氏。
家紋は右二ツ巴。
生涯 討ち入り前後 元禄元年(1688年)に播磨国赤穂藩筆頭家老大石良雄の嫡男として赤穂に誕生。
幼いころには疱瘡を患ったという。
元禄14年(1701年)3月14日(4月21日)、主君浅野長矩が江戸城松之大廊下で吉良義央に刃傷に及び、浅野長矩が即日切腹、赤穂藩が改易となった時、良金は数え年で14歳であり、元服前だった。
赤穂城を幕府の収城使脇坂安照に引き渡した後、良金の父の良雄は遠林寺において藩政残務処理にあたったが、この間の、5月11日(6月16日)、良金は生母りくや弟吉之進、妹くうとるりの四人を連れてりくの実家但馬豊岡藩家老石束毎公の屋敷へ向かった。

日本の江戸時代前期の武士。諱は良金。 赤穂浪士四十七士の1人で父は大石内蔵助である。 (引用元 Hatena Keyword)