芸能人・経営者のおくやみ情報

足利義勝(あしかがよしかつ)

室町幕府第7代将軍[日本]

(嘉吉3年7月21日没)

(ユリウス暦) 1443年 8月16日 死去享年10歳

足利義勝 - ウィキペディアより引用

足利 義勝(あしかが よしかつ)は、室町時代中期の室町幕府第7代将軍(在任:1442年 - 1443年)。
6代将軍足利義教の嫡男。
生涯 生まれてすぐに政所執事伊勢貞国の屋敷で養育されたが、嘉吉元年(1441年)に嘉吉の乱が起こり、父・義教が赤松満祐に暗殺されたため室町殿へ移され、翌嘉吉2年(1442年)に管領細川持之らに擁されて9歳で将軍職を継ぎ、第7代将軍となった。
千也茶丸(せんやちゃまる、のち義勝)は幼年で政治能力が無いため持之が実権を掌握、彼の死後は畠山持国・山名持豊や生母の日野重子らが実権を握り、嘉吉の乱を起こした満祐の討伐、嘉吉の徳政一揆などを平定した。
嘉吉3年(1443年)6月19日には、義教への弔意を伝えるために来日した朝鮮通信使と会見している(『康富記』)。
しかし、同年7月21日に死去。
享年10(満9歳没)。
在任わずか8ヶ月であった。
死因は落馬、暗殺など諸説があるが、赤痢による病死が有力であるとされている 。
後任の将軍には同母弟で8歳の三寅(のち義成、義政)が選出された。
義勝、義政と幼少の将軍が2代続いたことから、朝廷や有力守護大名の幕政への関与が続き、将軍の権威が大きく揺らぎ始めることになった。

1434年3月19日〜1443年8月16日 室町幕府の第7代将軍。第6代将軍の足利義教の長男。1442年から1443年まで将軍職だった。在位わずか8ヶ月で死亡した。死因は落馬、暗殺、病死などの諸説ある。 (引用元 Hatena Keyword)