芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原頼嗣(ふじわらのよりつぐ)

公家、鎌倉幕府第5代将軍[日本]

(康元元年9月25日没)

(ユリウス暦) 1256年 10月14日 死去赤斑瘡享年18歳

藤原 頼嗣(ふじわら の よりつぐ)は、鎌倉幕府5代将軍。
五摂家のひとつ、九条家の出身の摂家将軍。
生涯 鎌倉幕府4代将軍藤原頼経と藤原親能の娘・大宮殿の子として鎌倉で生まれる。
寛元2年(1244年)、当時の執権北条経時を烏帽子親として元服、父頼経の譲りによりわずか6歳で将軍に就任した。
翌寛元3年(1245年)、7歳で16歳の北条経時の妹檜皮姫を正室として迎える(檜皮姫は宝治元年(1247年)死去)。
寛元4年(1246年)7月、宮騒動により父頼経が京へ追放され、翌宝治元年(1247年)6月の宝治合戦で将軍家を擁する三浦氏らが滅亡した後も、頼嗣は将軍として鎌倉に留まった。
しかし建長3年(1251年)、了行法師らの謀叛事件に頼経が関係したとして、幕府は後嵯峨上皇の皇子宗尊親王を新将軍とすることに決定。
翌年、頼嗣は14歳で将軍職を解任され、母大宮殿とともに京へ追放された。
同年、祖父の九条道家も関与を疑われ間もなく死去した。
4年後の康元元年(1256年)8月に父頼経が死去し、続いて頼嗣も9月25日、赤斑瘡により死去。

延応元年(1239年)11月21日生まれ、康元元年(1256年)9月25日没。 鎌倉幕府5代将軍。五摂家の1つの九条家の出身の摂家将軍。別名「九条頼嗣」。父は第4代将軍の藤原頼経。 寛元2年(1244年)に父の藤原頼経が隠居し、わずか6歳で将軍に就任した。頼経が執権排斥の動きを察知され京へ追放された後も将軍として鎌倉に留まったが、建長3年(1251年)に了行法師らの謀叛事件に頼経が関係したとして、それに連坐する形で翌年将軍を解任され、京へ追放された。 (引用元 Hatena Keyword)