芸能人・経営者のおくやみ情報

有坂成章

陸軍中将、男爵[日本]

1915年 1月12日 死去享年64歳

有坂成章 - ウィキペディアより引用

有坂 成章(ありさか なりあきら、嘉永5年2月18日(1852年4月5日)-大正4年(1915年)1月12日)は日本陸軍軍人、男爵。
帝国陸軍初の国産小銃の開発者である村田経芳の後継者である。
最終階級は陸軍中将。
別名に淳蔵。
周防国岩国に生まれた、長州藩(岩国領)士木部左門の二男、幼名を四郎という。
文久2年(1862年)、11歳で同藩の砲術家有坂長良の養嗣子となった。
岩国藩の洋式軍隊である日新隊の一員として、鳥羽・伏見の戦いに参加している。
明治維新後、陸軍に入る。
明治24年(1891年)、村田銃の開発で著名な村田経芳少将の退役に伴って陸軍砲兵工廠所属となる。
明治30年(1897年)、三十年式歩兵銃の開発に成功、翌年2月にそれまで使われていた村田連発銃に代わる初の陸軍制式小銃として採用された。
明治31年(1898年)には三十一年式速射砲の開発に成功した。
この砲は「有坂砲」と呼ばれ、銃砲開発者としての有坂の名を不動のものとした。
日本陸軍はこの有坂砲を用いた三十一年式野砲と三十一年式山砲を制式砲としている。

「有坂成章」と関連する人物(故人)