芸能人・経営者のおくやみ情報

鮎川義介 氏

実業家、日産総帥[日本]

1967年 2月13日 死去急性肺炎享年86歳

鮎川義介 - ウィキペディアより引用

鮎川 義介(あゆかわ よしすけ〈通称、あいかわ ぎすけ〉 、 1880年〈明治13年〉11月6日 – 1967年〈昭和42年〉2月13日)は、日本の実業家、政治家。
日産コンツェルン創始者。
満州重工業開発株式会社総裁、貴族院議員、帝国石油株式会社社長、石油資源開発株式会社社長、参議院議員などを歴任した。
生涯 生い立ち 明治13年(1880年)、旧長州藩士・鮎川弥八(第10代当主)を父とし、明治の元勲・井上馨の姪を母として山口県吉敷郡大内村(現在の山口市大内地区)に生まれた。
旧制山口高等学校を経て、1903年(明治36年)に東京帝国大学工科大学機械科を卒業。
芝浦製作所に入社。
身分を明かさない条件で日給48銭の職工となる。
その後、当時の技術はすべて西欧の模倣であったので、西欧の状況を体験すべく渡米。
約1年強を可鍛鋳鉄工場(グルド・カプラー社)で労務者として働く。
実業家として 1910年(明治43年)、井上馨の支援を受けて福岡県遠賀郡戸畑町(現・北九州市戸畑区)に戸畑鋳物株式会社(現日立金属)を創立(戸畑鋳物の工場のあった土地は日立金属戸畑工場を経て2010年現在イオン戸畑店がある)。

実業家、政治家。 1880年、山口県生れ。明治の元老、井上馨の長姉の孫。 東京帝国大学工科大学卒。 経営不振に陥った久原財閥を継承し、日産コンツェルンを作り上げた。同コンツェルンには、日立製作所、日本鉱業、日産自動車などが含まれる。 満州開発を図る陸軍や岸信介(当時、満州国政府産業部次長)らの勧めに応じ、日産コンツェルンの本社日本産業を満州に移して満州重工業開発株式会社に改組、本人は総裁に就任した。しかし、経営方針をめぐって陸軍と対立し、1942年、同社総裁を辞任した。 敗戦後、中小企業の振興を狙い、1952年、中小企業助成会を組織。さらに、1956年、日本中小企業政事連盟?を組織して、中小企業政策の充実を働きかけた。 1959年、自ら参議院選挙に立候補し、当選。しかし、同時に当選した次男、鮎川金次郎に選挙違反容疑がかけられ、道義上の責任をとって議員を辞職した。 1967年、死去。 2005年1月、鮎川弥一(義介長男)の長男、鮎川純太氏がタレント、杉田かおると結婚し、話題となった。 (引用元 Hatena Keyword)