芸能人・経営者のおくやみ情報

田中久重

発明家、東芝 創業者[日本]

(「からくり儀右衛門」)

1881年 1月11日 死去享年82歳

田中久重 - ウィキペディアより引用

田中 久重(たなか ひさしげ、寛政11年9月18日(1799年10月16日) - 明治14年(1881年)1月11日)は、江戸時代後期から明治にかけての発明家。
「東洋のエジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれた。
芝浦製作所(後の東芝の重電部門)の創業者。
生涯 田中製作所の設立まで 寛政11年9月18日(1799年10月16日)、筑後国久留米(現・福岡県久留米市)の鼈甲細工師・田中弥右衛門の長男として生まれた。
幼名は儀右衛門。
幼い頃から才能を発揮し、五穀神社(久留米市通外町)の祭礼では当時流行していたからくり人形の新しい仕掛けを次々と考案して大評判となり、「からくり儀右衛門」と呼ばれるようになる。
20代に入ると九州各地や大阪・京都・江戸でも興行を行い、各地にその名を知られるようになる。
彼の作で現存するからくり人形として有名なものに「弓曳童子」と「文字書き人形」があり、からくり人形の最高傑作といわれている。
天保5年(1834年)には上方へ上り、大坂船場の伏見町(大阪市中央区伏見町)に居を構えた。

たなかひさしげ [生]寛政11(1799).9.18.久留米[没]1881.11.7.発明家,通称儀右衛門。幼時から発明の才を発揮し,からくり儀右衛門と呼ばれた。天保5(1834)年大坂に移り,機械,器具の製作を行い,翌年伏見に移住,無尽灯を発明,嘉永2(49)年近江大掾となり,次いで京都に移った。縮象儀,雲竜水(消火器),須弥山儀,万年自鳴鐘(時計)などを製造,同5年蒸気船の雛型をつくった。同年招かれて佐賀に行き製錬所に勤め,いろいろの機械類を製作,汽船製造にも関係した。のち郷里久留米で工場を経営したが,1873年上京,工場を開いて電信機を製造した。同工場は工部省に買収された。2世の田中久重(46~1905)はもと金子大吉。久留米の金工の子。初め彫金を学び,のち1世田中久重に入門,のち養子となり2世を名のった。上京して工部省電信寮に勤めたが,82年海軍の水雷製造のため官を辞し,芝金杉新浜町に田中製造所を設立,海軍の機械を中心に各種の機械類の製作を行なった。同工場はのち三井家に渡り芝浦製作所と改名された。(→東芝) (引用元 コトバンク)

「田中久重」と関連する人物(故人)