芸能人・経営者のおくやみ情報

源義朝(みなもとのよしとも)

源氏の武将[日本]

(頼朝の父、平治2年1月3日没)

(ユリウス暦) 1160年 2月11日 死去斬殺享年38歳

源義朝 - ウィキペディアより引用

源 義朝(みなもと の よしとも)は、平安時代末期の河内源氏の武将。
源為義の長男。
母は白河院近臣である藤原忠清の娘。
源頼朝・源義経らの父。
源義家の死後、河内源氏は内紛によって都での地位を凋落させていた。
都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。
東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。
生涯 上総御曹司 保安4年(1123年)、白河院政の時代、崇徳天皇が即位した年に、源為義の長男として生まれる。
母は白河院の近臣で淡路守・藤原忠清の娘。
かつて都の武者として名を馳せた河内源氏は一族内紛によって凋落し、父為義も自身の問題行動によって白河院の信頼を失い、官位は低迷して逼迫している状況にあった。
なお、従来為義の系統が河内源氏および清和源氏の嫡流であったとの見方がされていたが、近年ではこの系統が嫡流扱いになったのは後年鎌倉幕府を開いた頼朝が自分の血統を嫡流だったと主張した結果に過ぎず、実際には河内源氏および清和源氏はそれぞれの系統が独自の道を歩み各系統の上に立つ「嫡流」というものは存在しなかったという見解もある。

平安時代末期、56代清和天皇の子孫である清和源氏の武将。鎌倉幕府初代将軍頼朝の父にあたる。 父親である源為義に疎んじられ、保元の乱で後白河天皇方につき勝利。乱後、自身の戦功に代えて父や弟の助命を願うも平清盛らの意により許されず、自らの手で処刑することになってしまったという。 平治の乱では藤原信頼方につき平清盛らと争うが、信頼が源平双方を争わせて漁夫の利を得ようとしたため劣勢となる。一緒に逃がしてくれと言ってきた信頼にキれて「日本一の不覚人」と罵り、信頼を見捨てて東国へ敗走。家来長田忠致のもとに身を寄せるが、恩賞目当てで入浴中に暗殺されてしまう。 (引用元 Hatena Keyword)