芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・シェイクスピア

作家詩人[イギリス]

1616年 4月23日 死去享年52歳

ウィリアム・シェイクスピア - ウィキペディアより引用

ウィリアム・シェイクスピア(英語: William Shakespeare, 1564年4月26日(洗礼日) - 1616年4月23日(グレゴリオ暦5月3日))は、イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。
卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。
また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
出生地はストラトフォード・アポン・エイヴォンで、1585年前後にロンドンに進出し、1592年には新進の劇作家として活躍した。
1612年ごろに引退するまでの約20年間に、四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。

(1564-1616) William Shakespeare ウィリアム・シェイクスピア 英国だけでなく世界的に認められた劇作家、詩人、役者。ストラットフォード・アポン・エイヴォン生まれ。 今日の英語はシェイクスピアによって高められたという人もいる。 エリザベス朝ルネサンス文学の代表者。青年時代にロンドンに出て初め俳優、のち座付作者として約三七編の戯曲を創作。 喜劇、悲劇、史劇と、幅広いジャンルにわたって書いている。 あまりにも知識が広い上に、約38作もの優れた作品をほとんど書き直すことなしに仕上げているので、シェイクスピアはペンネームで、本当はもっと身分の高い人物が(たとえばフランシス・ベーコンなど)が書いていたとの説もある。 シェイクスピアの批評は、それだけで学問になるくらい沢山あるが、なかでもバーナード・ショーの批評は辛口でウィットに富んでいてしばしば引用されている。 代表作は四大悲劇の『オセロ』『ハムレット』『マクベス』『リア王』   悲劇   『ハムレット』  ・流血復讐劇  ・ハムレットに父ハムレット王の亡霊が現れ、残虐な毒殺の真相と、母の   不倫を知らされ、復讐を要求して消える  ・ハムレットは狂気を装うことにする  ・ハムレットは王への殺害を知ったPoloniusを殺害してしまう  ・ハムレットは、Poloniusの息子と仕組まれた決闘をする  ・王の死後、すぐに再婚した王妃(ハムレットの母)は毒入りの酒杯で死ぬ  ・最後に王を殺害し、ハムレットも死ぬ 『オセロ』  原本=チンティオの『百話集』 第3日7話  ・Iagoは、実践とは無縁の戦術家 …… (引用元 Hatena Keyword)