芸能人・経営者のおくやみ情報

いいだもも 氏

作家評論家、新左翼[日本]

2011年 3月31日 死去老衰享年85歳

いいだ もも(本名:飯田 桃(読み同じ)、1926年(大正15年)1月10日 - 2011年(平成23年)3月31日)は、東京府出身の作家、評論家。
多元主義的共産主義者。
『21世紀への構想』研究会主宰。
『近代日本社会運動史人物大事典』編集委員。
男性。
別名の宮本 治は「宮本百合子と太宰治をアウフヘーベンする」との意図によるという。
来歴・人物 現在の東京都港区に生まれる。
東京府立第一中学校から第一高等学校を経て、1944年(昭和19年)に東京帝国大学法学部入学。
同期に三島由紀夫がいたが、互いに面識はなかった。
戦後まもなく、一高生を中心に全国の大学や高校をつなぐ同人誌『世代』の創刊に参加。
1947年(昭和22年)、東大法学部を首席卒業して日本銀行に入行。
まもなく結核のため退職し、茨城県で療養中、新日本文学会などに参加。
いわゆる残飯闘争を指導した。
1961年(昭和36年)、処女作『斥候〔ものみ〕よ夜はなお長きや』を発表。
水戸市にて梅本克己たちと水戸唯物論研究会で活動する傍ら、農民運動のオルグに挺身。

東京都港区出身。本名飯田桃。府立一中,一高をへて1944年,東京帝国大学法学部入学,47年,首席で卒業し日本銀行に入るが,結核を患い退職。敗戦後に一高生を中心に同人誌《世代》を創刊したことが知られている。50年代から60年代にかけて,日本共産党に属して活動したが,65年除名処分を受ける。ベ平連,思想の科学研究会に参加。67年,共産主義労働者党を創立するが短期間で離脱し,以後は評論,作家活動に従事した。著書多数。主な著作に《斥候よ,夜はなお長きや》(61年,河出書房新社)《アメリカの英雄》(65年,河出書房新社)。 (引用元 コトバンク)

「いいだもも」と関連する人物(故人)