芸能人・経営者のおくやみ情報

大高正人 氏(おおたかまさと)

建築家[日本]

2010年 8月20日 死去老衰享年88歳

大高 正人(おおたか まさと、1923年9月8日 - 2010年8月20日)は日本の建築家、都市計画家。
福島県三春町出身。
福島県三春町に生まれる。
1936年旧制福島県立福島中学校(現福島県立福島高等学校)卒業。
在学中器械体操部のマネージャーと美術部部長をつとめる。
37年旧制浦和高等学校理科入学。
体操部所属。
44年高等学校を繰り上げ卒業。
1947年東京大学工学部建築学科卒。
1949年東京大学大学院修了後に前川國男建築事務所に入所。
1960年に東京で開催された世界デザイン会議を契機に川添登、菊竹清訓、粟津潔、黒川紀章、槇文彦らと戦後の日本で最初の建築思想であり運動であったメタボリズム・グループを結成した。
1962年大高建築設計事務所設立。
2010年老衰のため死去。
86歳没。
主な作品 坂出人工土地(香川県坂出市/1967年)DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築選出 千葉県文化会館(千葉市中央区/1968年/日本建築学会賞作品賞) 栃木県議会棟庁舎(栃木県宇都宮市/1969年/芸術選奨文部大臣賞) 千葉県立中央図書館(千葉市中央区/1970年)DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築選出 日本万国博覧会ゲート(大阪/1970年) 広島基町再開発(市営基町高層アパート・県営長寿園アパート・広島市中央公園)(広島市中区/1976年)市営基町高層アパート・県営長寿園アパートはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築選出 東京海上都市の提案 1959年 新宿副都心計画・群造形(槇文彦らと) 1960年 ショッピングストリート計画(槇文彦らと) 1960年 住居群計画(槇文彦らと) 1960年 百万都市計画・群造形(槇文彦らと) 1961年 プレファブ住宅計画と試作 1961年 人工宅地計画 1961年。

おおたかまさと(1923―2010) 建築家。福島県に生まれる。1947年(昭和22)東京大学工学部建築学科卒業。1949年同修士課程を修了し、前川国男建築設計事務所に入所。福島県教育会館(1956)、晴海高層アパート(1958、東京都)、東京文化会館(1961)などの計画において、前川事務所で中心的な役割を果たした。1956年、建築設計体制の変革を旗印に若手建築家・評論家らが結成した「五期会」に加わる。1960年に開かれた世界デザイン会議では、「メタボリズム・グループ」に最年長のメンバーとして名を連ね、槇文彦と共同で「人工土地」の考え方にもとづき、「群造形」をコンセプトとした立体的な再開発計画を提案した。1961年に前川事務所を退所し、翌1962年大高正人設計事務所を開設。住宅密集地区の再開発計画である坂出(さかいで)人工土地(1966~1985、香川県)において、かねてから提唱してきた「人工土地」の概念を具体化させる。人工地盤を地上6~9メートルに設けて、その上に住戸棟を配置し、下を商店街や駐車場として、地上部を公共のために開放した。この再開発計画は1967年に日本都市計画学会石川賞を受けるなど、大きな話題を呼ぶ。計画は4期20年にわたって継続した。1968年から計画が始まった広島県中区基(もと)町・長寿園集合住宅(1976)もまた、建築を通じた社会改良の実践である。3000戸の高層アパート群を中心に、さまざまな施設が計画された。建物を雁行(がんこう)させ、連結した屋上や人工土地上に緑地帯を設けて、画一的にならぬように配慮した。1960年代を通じて、花泉町農協会館(1965、岩手県、現JAいわて南)、新居浜(にいはま)農協会館(1 …… (引用元 コトバンク)