芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・ブルミン 氏Jon Bluming

柔道家格闘家[オランダ]

(オランダ格闘技の祖)

2018年 12月17日 死去享年86歳

ジョン・ブルミン - ウィキペディアより引用

ジョン・ブルミン(Jon Bluming、男性、1933年2月6日 - )は、オランダ出身の格闘家で極真武道会の会長である。
本名Johannes Cornelius Bluming。
身長191センチメートル・体重110キログラム。
オランダ格闘技界のカリスマ的存在であり、多くの弟子、門下出身者を輩出した。
オランダ格闘技界の祖・ヨーロッパ格闘技の第一人者と評され、一時期オランダ国王のボディガードを務めていたこともある。
1950年(昭和25年)、朝鮮戦争に韓国を支援する国連軍に従軍して負傷し、治療のために来日。
1953年(昭和26年)3月、柔道の存在を知り、体の小さな日本人選手に投げられたことに衝撃を受け、帰国後、柔道を学び始める。
1年で初段、2年で弐段を取得し、1957年にヨーロッパ柔道選手権で優勝。
「アントン・ヘーシンクより強い」とも言われたが、当時のオランダでは柔道の組織が統一されておらず、弱小団体所属という政治的な理由により国際大会へは出場できなかった。

オランダの格闘家。1933年生まれ。柔道や極真空手に精通し、漫画「空手バカ一代」後半の登場人物としても有名。 五輪の柔道金メダリスト、ウイリエム・ルスカの師匠でもあった。 ジョン・ブルーミングとも表記され、柳澤健のノンフィクション「1976年のアントニオ猪木」にもこの名前で登場する。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジョン・ブルミン」と関連する人物(故人)