芸能人・経営者のおくやみ情報

伊藤正男 氏(いとうまさお)

生理学者・脳神経学[日本]

2018年 12月18日 死去老衰享年91歳

伊藤正男(いとうまさお) 伊藤正男 (生理学者) 伊藤正男 (画家) - 日本画家 伊藤正男 (プロレスラー) 伊藤正男 (技術者)。

いとうまさお [生]1928.12.4.愛知神経科学者,東京大学名誉教授。1953年東京大学医学部卒業後,熊本大学医学部助教授,東京大学医学部助手,同助教授を経て1970年同教授,同医学部長(1986~89)。1989年理化学研究所国際フロンティア研究システムに移り,理化学研究所脳科学研究センター所長(1997~2003),同特別顧問などを歴任。また,日本学術会議会長なども務める。小脳の片葉が前庭動眼反射の経路に直接つながっているとの発見(1970)に基づき,視覚によって伝えられる網膜の誤差信号を手がかりに,片葉は前庭動眼反射の動特性を修正する適応制御の中枢だとの仮説を提唱(1972),やがてこれを実験で実証し,小脳の神経機構の研究に新生面を開いた。その過程で,小脳の運動学習過程の仕組みに関する根本的理解をもたらした。また1984年には,小脳の神経回路網の構造と機能に関する知見をまとめた著書『小脳と神経制御』において,小脳の働きに関する一般的な原理を定式化。さらに,小脳が運動だけでなく認知機能でも重要な役割を果たしているという新しい小脳観を発表した。1981年藤原賞,1986年日本学士院賞恩賜賞を受賞,1996年には文化勲章を受章した。 (引用元 コトバンク)