芸能人・経営者のおくやみ情報

三浦哲郎 氏

作家[日本]

2010年 8月29日 死去鬱血性心不全享年80歳

三浦哲郎 - ウィキペディアより引用

三浦 哲郎 三浦哲郎 (作家)(みうら てつお)- 青森県八戸市出身の作家。
三浦哲郎 (サッカー)(みうら てつろう)- サッカー選手、指導者。
元名古屋グランパスエイト監督。
関連項目 三浦アキフミ - 俳優。
デビュー当時は「三浦哲郁」名義だった(「三浦哲郎」は誤記)。

みうらてつお [生]1931.3.16.青森,八戸[没]2010.8.29.東京作家。6人兄弟の末子として生まれ,2人の姉が自殺,2人の兄が失踪,1人が難視に悩むという不幸な生い立ちで,「病める血」に思い悩んだ。1950年早稲田大学政治経済学部を中退したが,1953年に同大学第一文学部フランス文学科に再入学,1957年卒業した。在学中に井伏鱒二に認められ,妻との恋愛を描いた『忍ぶ川』(1960)で芥川賞を受賞,以後『恥の譜』(1961),『初夜』(1961)など一連の作で,家系へのおびえと生への意志とを描いた。血の問題からの新生は2児の親となった夫婦の愛を描く『結婚』(1967)で確認された。生粋の私小説作家と目されたが,実生活から素材を選択して再構成する手法は技巧的である。ほかに,長編『海の道』(1970),連作短編集『拳銃と十五の短篇』(1976,野間文芸賞),長編『少年讃歌』(1982,日本文学大賞),『白夜を旅する人々』(1984,大佛次郎賞),「短篇集モザイク」シリーズの『じねんじょ』(1990,川端康成文学賞),『みちづれ』(1991,伊藤整文学賞),『みのむし』(1995,川端康成文学賞)など。1988年日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)