芸能人・経営者のおくやみ情報

つかこうへい 氏

作家演出家[韓国]

(本名・金峰雄)

2010年 7月10日 死去肺がん享年63歳

つか こうへい(1948年4月24日 - 2010年7月10日)は、日本の劇作家、演出家、小説家。
本名、金 峰雄(キム・ボンウン、김봉웅)。
日本国内での通名、金原 峰雄(かねはら みねお)。
福岡県嘉穂郡嘉穂町(現・嘉麻市)牛隈生まれ。
国籍は大韓民国。
三男一女の二男。
血液型A型。
生前は東京都北区に在住し、同区のアンバサダーも務めた。
演劇に熱中した人生 嘉穂町立大隈小学校、嘉穂町立大隈中学校、福岡県立山田高等学校卒業、慶應義塾大学文学部哲学科中退。
慶應義塾大学在学中にアルバイトで予備校の講師をしていた時に、生徒から依頼を受けて芝居の戯曲を書いた事がこの世界に入るきっかけとなる。
学生劇団「仮面舞台」早稲田大学「暫」に加わり、そこで当時早稲田の学生だった三浦洋一や平田満などと出会う。
大学在学中からアングラ演劇第二世代の劇作家、演出家として活動を始め、"つかこうへい以前(第一世代)"、"つかこうへい以後(第三世代)"と呼ばれる程の一時代を築き、1970年代から1980年代にかけて一大 "つかブーム"を巻き起こした。

[生]1948.4.24.福岡,嘉穂[没]2010.7.10.千葉劇作家,演出家,小説家。本名キム・ボンウン(金峰雄)。慶應義塾大学文学部中退。同大学在学中の1972年,学生劇団で戯曲『戦争で死ねなかったお父さんのために』を発表。その後,早稲田大学の劇団暫(しばらく)に参加し,『初級革命講座飛龍伝』で注目された。1973年文学座で初演された『熱海殺人事件』で第18回岸田戯曲賞(→岸田国士戯曲賞)を史上最年少で受賞。1974年劇団つかこうへい事務所を設立,『ストリッパー物語』(1975),『蒲田行進曲』(1980)などを書き,みずから演出も行なって狂熱と苦い笑いに満ちた舞台の魅力で旋風を巻き起こした。舞台装置がほとんどない舞台で劇を展開する演劇スタイルが特徴。1982年小説『蒲田行進曲』で直木賞を受賞すると劇団を解散し,その後小説に専念した。1989年に『今日子』で演劇活動を再開し,往年のヒット作『幕末純情伝』『熱海殺人事件』などの改訂版や新シリーズを上演,1991年『飛龍伝'90』が読売文学賞を受賞した。1994年東京都北区の文化振興財団と共同で,北区つかこうへい劇団養成所を開校した。2007年紫綬褒章を受章。 (引用元 コトバンク)