芸能人・経営者のおくやみ情報

井上ひさし 氏(いのうえひさし)

作家作家[日本]

2010年 4月9日 死去肺がん享年77歳

井上 ひさし(いのうえ ひさし、1934年11月17日 - 2010年4月9日)は、日本の小説家、劇作家、放送作家である。
文化功労者、日本藝術院会員。
本名は井上 廈(いのうえ ひさし)。
1961年から1986年までの本名は内山 廈(うちやま ひさし)。
遅筆堂(ちひつどう)を名乗ることもあった。
日本劇作家協会理事、社団法人日本文藝家協会理事、社団法人日本ペンクラブ会長(第14代)などを歴任した。
晩年は自身の蔵書を収蔵した遅筆堂文庫を造り、運営した。
(後述) 先妻は西舘代志子。
後妻のユリは元衆議院議員米原昶の娘。
長女は元こまつ座主宰の井上都。
三女は株式会社こまつ座社長の石川麻矢。
幼少時代 1934年(昭和9年)11月17日、井上靖と競った文学青年の井上修吉を父とし、井上マスを母として山形県東置賜郡小松町中小松(現・川西町)に生まれる。
修吉は実家が薬屋だったため薬剤師を目指す一方、農地解放運動に関わり、地方劇団「小松座」を主宰したほか、1935年には小松滋の筆名で書いた小説「H丸傳奇」が「サンデー毎日」第17回大衆文芸新人賞に入賞している。

いのうえひさし [生]1934.11.16.山形,小松[没]2010.4.9.神奈川,鎌倉劇作家,小説家。本名井上廈(ひさし)。上智大学在学中に浅草フランス座で働きながら戯曲や放送台本などを書きはじめた。大学を卒業後は放送作家として活躍し,1964年に始まった日本放送協会NHKのテレビ連続人形劇『ひょっこりひょうたん島』の台本を共作する。戯曲『日本人のへそ』(1969)が新しい喜劇として注目され,本格的に劇作に取り組む。『表裏源内蛙合戦』(1970),『道元の冒険』(1971,岸田国士戯曲賞,芸術選奨文部大臣新人賞)で劇作家としての地位を確立。小説では,『手鎖心中』(1971)で直木賞,『吉里吉里人』(1981)で日本SF大賞,読売文学賞を受賞。作品は,巧みな構成と豊かな言語センスを特徴とする。1984年に自作の戯曲を上演するこまつ座を旗揚げし,『頭痛肩こり樋口一葉』(1984)など力作を次々と上演。戦争の真実を問う東京裁判(極東国際軍事裁判)三部作『夢の裂け目』(2001),『夢の泪』(2003),『夢の痂(かさぶた)』(2006)が2010年4月から新国立劇場で連続上演された。日本ペンクラブ会長(→国際ペンクラブ),日本劇作家協会会長などを歴任。1999年菊池寛賞,2009年日本芸術院賞恩賜賞など受賞多数。2004年文化功労者,2009年日本芸術院会員。 (引用元 コトバンク)