芸能人・経営者のおくやみ情報

忌野清志郎 氏(いまわのきよしろう)

ロック歌手[日本]

2009年 5月2日 死去がん性リンパ管症享年58歳

忌野 清志郎(いまわの きよしろう、1951年4月2日 - 2009年5月2日)は、日本のロックミュージシャン。
本名、栗原 清志(くりはら きよし)。
既婚。
RCサクセションを筆頭に、忌野清志郎 & 2・3'S、忌野清志郎 Little Screaming Revue、ラフィータフィーなどのバンドを率い、ソウル・ブルースを下地にしたロックサウンドを展開。
RCサクセションの「KING OF LIVE」からの流れで、KING OF ROCKの異称を取った。
少年時代からバンドデビューまで 東京都中野区生まれ、国分寺市育ち。
みふじ幼稚園を経て国分寺市立第二小学校に通う。
小学生時代は漫画に熱中し、自作の漫画を近所に住んでいた吉田竜夫に見てもらったこともあった。
清志郎の母親の最初の夫(清志郎の実の父親ではない)は結婚して間もなく戦死している。
母親は清志郎が3才の時に33才で亡くなった。
その後、清志郎は伯母夫婦に養子として引き取られた。
(2014年5月2日放送のNHK「ラストデイズ」より) 国分寺市立第三中学校時代にエレキブームに刺激を受け、ベンチャーズなどのカバーバンド「No Name」を結成、音楽活動を始める。

日本ロック界の生けるイコン。日本国憲法9条に対する護憲、反原発、反戦、反核を積極的に訴えていた共産主義的なシンガーソングライターとして名高い。 1951年4月2日生まれ。東京都日野市出身。都立日野高校卒。 1968年に結成したバンド「RCサクセション」のボーカリストとして活躍する傍ら、坂本龍一とのジョイント『い・け・な・いルージュマジック』などのサイドワークも。また、タイマーズのボーカルのゼリーは、忌野清志郎によく似ている。 1991年にバンドを解散した後もソロ名義でバンド”Screaming Revue”やその縮小版”Little Screaming Revue”を率いたり、篠原涼子、及川光博らとコラボレートしたり、俳優業に手を出したりと、まだまだ現役バリバリな50代。 2005年、映画「妖怪大戦争」に出演。 2006年7月、喉頭ガンのため夏のロックフェスティバルなどをキャンセルし緊急入院、闘病生活に入る。 2008年1月、演奏活動再開。 2008年7月、腰部骨がん転移。夏のロックフェスティバルなどをキャンセルし緊急入院、再び闘病生活に入る。 2009年5月2日、癌性リンパ管症のため逝去。(享年58歳) (引用元 Hatena Keyword)