芸能人・経営者のおくやみ情報

林忠四郎 氏

京都大学名誉教授[日本]

2010年 2月28日 死去肺炎享年89歳

林 忠四郎(はやし ちゅうしろう、1920年(大正9年)7月25日 - 2010年(平成22年)2月28日)は、日本の宇宙物理学者、天文学者。
京都大学名誉教授。
文化勲章受章者。
京都府京都市出身。
天文学と原子核物理学・素粒子物理学とをつなぐ学問である宇宙物理学の日本における先駆者の一人。
京都大学理学部物理学科・天体核物理学研究室の教授を27年にわたって務め、研究の一方で数多の優秀な理論物理学者や宇宙物理学者、天文学者や惑星科学者を育てた。
また、教室の弟子の論文にはきちんと目を通し、好奇心をもって、論文発表などを聞き、疑問や質問点を聞いていたということである。
論文審査などにおいて、自身が納得すると、就職や進学にあたり推薦状を快く書いたというエピソードも残っている。
また、教室員と伴に、京都郊外の散策などの行事も企画し、数多くの教室員に慕われた。
退官後、プログラミング言語(C言語)を学び、自らも計算していることを明かした。
1920年(大正9年)7月25日、京都市上京区紫竹西南町(現・京都市北区紫竹西南町)に林誠次郎・ムメ夫妻の四男として生まれる。

はやしちゅうしろう [生]1920.7.25.京都[没]2010.2.28.京都,京都宇宙物理学者。1943年東京帝国大学理学部物理学科卒業。1946年京都大学理学部副手となり,湯川秀樹門下に入る。1949年浪速大学(1955年大阪府立大学に改称)助教授,1954年京大助教授,1957年教授となる。天体現象への原子物理学の応用という新たな分野を開拓し,第2の湯川と評された。1950年に発表した「α‐β‐γ‐ハヤシの理論」など,星の誕生と進化についての研究で多くの成果を上げた。特に,誕生間もない原始星は星全体で対流平衡にあり,表面温度をあまり変えないままゆっくり収縮して光度が減少することを解明した理論は世界的に評価され,1961年に国際天文学連合で「林フェイズ」と名づけられた。イギリス王立天文学会,日本学士院,アメリカ科学アカデミー会員。1963年仁科記念賞,1970年イギリス王立天文学会エディントン・メダル,1971年恩賜賞・日本学士院賞,1984年文化功労者,1986年文化勲章,1994年勲一等瑞宝章,1995年京都賞,2004年太平洋天文学会ブルースメダル。 (引用元 コトバンク)