芸能人・経営者のおくやみ情報

川上操六(かわかみそうろく)

陸軍大将、子爵[日本]

1899年 5月11日 死去享年52歳

川上操六 - ウィキペディアより引用

川上 操六(かわかみ そうろく、嘉永元年11月11日(1848年12月6日) - 明治32年(1899年)5月11日)は、日本の陸軍軍人、華族。
官位は参謀総長・陸軍大将。
栄典は従二位・勲一等・功二級・子爵。
幼名宗之丞。
長男の素一は陸軍少佐、娘は小原伝陸軍中将に嫁ぐ。
桂太郎、児玉源太郎とともに、「明治陸軍の三羽烏」とされる。
薩摩藩士・川上伝左衛門親徳の三男として生まれ、鳥羽・伏見の戦い・戊辰戦争に薩摩藩10番隊小頭として従軍する。
戦後上京し明治4年(1871年)4月から陸軍に出仕。
同年7月、陸軍中尉・御親兵第2大隊付に任ぜられる。
近衛歩兵第3大隊長、近衛歩兵第2連隊大隊長、参謀局出仕を経験し階級は陸軍少佐に昇る。
明治10年(1877年)に始まった西南戦争では歩兵第13連隊長心得として従軍し功を立てる。
明治11年(1878年)12月、陸軍中佐・歩兵第13連隊長。
明治13年(1880年)5月に歩兵第8連隊長、同15年(1882年)2月には大佐に進み近衛歩兵第1連隊長に就任する。

かわかみそうろく [生]嘉永1(1848).11.11.鹿児島[没]1899.5.11.陸軍軍人。近代的戦略を導入した。薩摩藩洋式兵分隊隊長として,鳥羽・伏見の戦い,戊辰(ぼしん)戦争に従軍。明治4(1871)年陸軍中尉となり,1877年西南戦争に官軍側で従軍。84年大山巌陸軍卿に随行してヨーロッパ,アメリカの兵制を視察し,87年にはドイツに留学。89年参謀次長となり,95年に日清戦争に出征,子爵の称号を得た。98年大将,参謀総長。 (引用元 コトバンク)