芸能人・経営者のおくやみ情報

石田名香雄 氏

元東北大学長[日本]

2009年 12月4日 死去肺炎享年86歳

石田 名香雄(いしだ なかお、1923年(大正12年)3月6日 - 2009年(平成21年)12月4日)は、日本の医学者、ウイルス学者。
元東北大学総長。
仙台市名誉市民。
新潟県上越市生まれ。
東北大学医学部卒業。
ウイルスベクターとして知られるセンダイウイルス、また、制癌抗生物質ネオカルチノスタチンを発見した。
野口英世記念医学賞、日本学士院賞などを受賞。
1946年 - 東北帝国大学医学部卒業 1951年 - 東北大学医学博士 「放射菌抗菌性物質に関する研究 」 1953年 – センダイウイルスを発見ミシガン大学ウイルス研究所留学 1960年 - 東北大学医学部教授(細菌学講座) 1965年 - 制癌抗生物質ネオカルチノスタチンを発見 1975年 - 東北大学医学部長 1983年 - 東北大学総長 1989年 - 東北大学名誉教授 受賞歴 1980年 - 野口英世記念医学賞 1987年 - 日本学士院賞(センダイウイルスの発見及びその構造と機能に関する研究) 1996年 – 勲一等瑞宝章 主な著書 和文の編著作 「実験感染学」 宮川正澄、三橋進、石田名香雄、朝倉書店、1967年 「ウイルスの今日的意味」 石田名香雄、沼崎義夫編、医薬ジャーナル社、1990年 ISBN 475321284X英文の編著作 "Neocarzinostatin : the past, present, and future of an anticancer drug" H. Maeda, K. Edo, N. Ishida (eds.) Springer 1997, ISBN 4431701877 脚注 ==。

いしだなかお [生]1923.3.6.新潟,上越[没]2009.12.4.宮城,仙台細菌学者,元東北大学総長。1946年東北大学医学部を卒業,1951年助教授。1953年にインフルエンザウイルスと抗原性が異なる赤血球凝縮能をもつ新種のウイルス「センダイウイルス」を発見した。1954年にアメリカ合衆国のミシガン大学ウイルス研究所に留学。1960年東北大学医学部教授に就任した。その後もセンダイウイルスの構造研究を続け,センダイウイルスが細胞に感染し,増殖する仕組みを世界にさきがけて解明した。また,その仕組みが多くのウイルスでも共通に見られることがわかり,B型肝炎の本態解明の契機となり,ワクチン開発につながるなど,21世紀の国民病といわれたB型肝炎の激減に貢献,ウイルス学分野の第一人者として国内外から高い評価を受けた。1975年東北大学医学部長,1983~89年総長を務めた。1980年に野口英世記念医学賞,1987年には日本学士院賞,1996年勲一等瑞宝章を受けた。 (引用元 コトバンク)

「石田名香雄」と関連する人物(故人)