芸能人・経営者のおくやみ情報

石井歓 氏(いしいかん)

作曲家[日本]

2009年 11月24日 死去肺炎享年89歳

石井 歓(いしい かん、1921年3月30日 - 2009年11月24日)は日本の作曲家。
東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。
同じく作曲家である石井眞木と石井五郎は弟と叔父に当たる。
父は舞踊家の石井漠。
成城学園小学部から成城高等学校 (旧制)尋常科に進むが、成城事件で父の友人の小原國芳が排斥されたため、玉川学園中等部に転じる。
同校在学中、ピアノをエンリコ・ロッシに師事、また作曲を呉泰次郎について約3年間学んだ。
武蔵野音楽大学本科ピアノ科を卒業後、池内友次郎に師事。
太平洋戦争中は海軍予備学生として海軍入隊後、約2年間勤務。
1947年から尾高尚忠に指揮法を師事。
1952年、西ドイツに留学し、ミュンヘン国立音楽大学作曲科・指揮科を修了。
その際、カール・オルフに師事して強い影響を受ける。
1954年に帰国後、創設されたばかりの桐朋学園大学で作曲科主任教授他を務め、その後、愛知県立芸術大学音楽学部教授・学部長など各地の学校で要職を務め、指揮者としても活躍した。

いしい-かん 1921-2009昭和後期-平成時代の作曲家。大正10年3月30日生まれ。舞踏家石井漠の長男。作曲家石井真木の兄。昭和24年音楽コンクールで「前奏曲」が1位。27年ドイツに留学,オルフらに師事。オペラから合唱音楽,舞踊音楽,室内楽まで多岐にわたる作品を発表,ダイナミックな作風で知られる。代表作にオペラ「袈裟と盛遠」,交声曲「枯木と太陽の歌」など。桐朋学園大,愛知県立芸大の教授をつとめた。平成21年11月24日死去。88歳。東京出身。武蔵野音楽学校(現武蔵野音大)卒。 (引用元 コトバンク)