芸能人・経営者のおくやみ情報

クロード・レヴィ=ストロース 氏Claude Lévi-Strauss

社会人類学者、民族学者[フランス]

2009年 10月30日 死去享年102歳

クロード・レヴィ=ストロース - ウィキペディアより引用

クロード・レヴィ=ストロース(Claude Lévi-Strauss、1908年11月28日 - 2009年10月30日)は、フランスの社会人類学者、民族学者。
出身はベルギーの首都ブリュッセル。
コレージュ・ド・フランスの社会人類学講座を1984年まで担当し、アメリカ先住民の神話研究を中心に研究を行った。
アカデミー・フランセーズ会員。
専門分野である人類学、神話学における評価もさることながら、一般的な意味における構造主義の祖とされ、彼の影響を受けた人類学以外の一連の研究者たち、ジャック・ラカン、ミシェル・フーコー、ロラン・バルト、ルイ・アルチュセールらとともに、1960年代から1980年代にかけて、現代思想としての構造主義を担った中心人物のひとり。
主な経歴 生い立ちから学生時代まで 1908-1929 1908年に、両親が一時的に滞在していたベルギーのブリュッセルで生まれる。
両親ともアルザス出身のユダヤ人の家系であり、また両親はイトコ同士であった。
父親の職業は画家であり、その交友関係は芸術を通じてのものが多かった。

Claude Lévi-Strauss フランスの文化人類学者。 1908年11月28日、 ベルギー・ブリュッセルの生まれ。2009年10月30日、フランスで死去。 パリ大学で哲学を学ぶ。サンパウロ大学社会学教授を経て、コレージュ・ド・フランス教授。言語学者のロマーン・ヤーコブソンとの出会いをきっかけに、文化人類学に構造主義的方法を導入し、画期的な業績をあげた。数学者アンドレ・ヴェイユの協力のもと、ムルンギン族の婚姻体系を群論で解明してみせたという。 未開社会の思考を遅れた非合理なものと見るのではなく、構造化された体系的なものととらえ、神話の共時的構造を大成した。それはそれまでの西洋中心主義を覆す思想でもあった。 主著は『構造人類学』、『野生の思考』、『神話論理』など。 1930年代のブラジル滞在記『悲しき熱帯』はこの分野の古典的著作。 (引用元 Hatena Keyword)