芸能人・経営者のおくやみ情報

中村八大 氏(なかむらはちだい)

作曲家[日本]

1992年 6月10日 死去心不全享年62歳

中村 八大(なかむら はちだい、1931年1月20日 - 1992年6月10日)は、日本の作曲家、ジャズピアニスト。
青島(当時は中華民国、現在の中華人民共和国)出身。
『上を向いて歩こう』、『こんにちは赤ちゃん』、『遠くへ行きたい』、『明日があるさ』など、1950年代末から1960年代にかけての数々のヒット曲を作曲した。
兄の中村二大はクラリネット奏者。
妹の夫は漫画家の寺田ヒロオ。
中国大陸で出生後、1945年に福岡県久留米市へ引き揚げ、そこで旧制中学校時代を過ごす。
旧制中学明善校(現・福岡県立明善高等学校)、早稲田大学高等学院、早稲田大学文学部卒業。
学生時代からピアニストとして活動。
早稲田大学高等学院在籍時には、ダンスバンド『谷口安彦とプレミア・スウィング』や人気学生コンボの『レッド・ハット・ボーイズ』などに客演するようになった。
早稲田大学に進学してからは、ジョージ川口、松本英彦、小野満と共にジャズバンド「ビッグ・フォー」を結成していた。
その活躍ぶりが、当時早稲田大学のベーシストだった渡辺晋(後の渡辺プロダクション創業者)の耳にも届き、早稲田大学文学部に進学後 兄・二大を通じて渡辺晋と対面。

【なかむらはちだい】 歌謡曲作曲家。ジャズ・ピアニストを経て作曲家に転身,作詞家永六輔〔1933-〕と組んで(〈八六コンビ〉),1959年水原弘《黒い花びら》が第1回レコード大賞を受賞。以後も永とのコンビで梓(あずさ)みちよ《こんにちは赤ちゃん》,坂本九《上を向いて歩こう》,ジェリー藤尾《遠くへ行きたい》など歌謡曲史に残る作品を多数発表。1980年代以降闘病生活が続き,1992年死去。 (引用元 コトバンク)