芸能人・経営者のおくやみ情報

トリグブ・リー 氏Trygve Halvdan Lie

政治家、初代国連事務総長[ノルウェー]

1968年 12月30日 死去心臓発作享年73歳

トリグブ・リー - ウィキペディアより引用

トリグブ・ハルブダン・リー(Trygve Halvdan Lie, 1896年7月16日 - 1968年12月30日)は、初代国連事務総長。
ノルウェー出身。
生涯 1896年7月16日、オスロに生まれる。
父マルティンは家族を残して、アメリカ合衆国に大工として働きに出てしまったので、彼の母フルダは下宿屋を経営しつつリーを育てあげた。
リーは1911年に15歳の若さでノルウェー労働党に入党し、1919年にオスロ大学法学部を卒業すると、党の国民長官として名を連ねるまでになる。
私生活でヒョルディス・イェルゲンセンと1921年に結婚し、ジゼル、グリ、 ミーの三人の娘をもうけると、翌年1922年からノルウェー労働組合の法律コンサルタントとして働きはじめ、ノルウェー議会のノルウェー国会にも選ばれた。
ついに1935年には、ヨハン・ニガードフォルドによる労働党政権が発足し、法務大臣に抜擢される。
その後、通商産業大臣、物資船舶大臣を歴任した。
ロシアの10月革命の初期からの賛同者であるリーはウラジーミル・レーニンと会い、ソ連追放後のレフ・トロツキーにノルウェーに居住する許可を与えている。

ノルウェーの政治家。初代国連事務総長(任期:1946年 – 1952年) 1896年7月16日、生まれ。1968年12月30日、死去。 (引用元 Hatena Keyword)