芸能人・経営者のおくやみ情報

ヒルデガルト・ベーレンス 氏

ソプラノ歌手[ドイツ]

2009年 8月18日 死去動脈瘤破裂享年72歳

ヒルデガルト・ベーレンス(Hildegard Behrens, 1937年2月9日 - 2009年8月18日)は、ドイツのソプラノ歌手。
オルデンブルクの医師の家庭に生れる。
当初はフライブルク大学にて法学を学び、税理士の国家資格を有するとも言われる。
その後、フライブルク音楽大学に学び、1971年卒業。
同年デュッセルドルフのライン・ドイツ歌劇場と契約し、幅広いレパートリーを持つようになる。
ヘルベルト・フォン・カラヤンによって見出され、1977年ザルツブルク音楽祭の「サロメ」で国際的にセンセーショナルなデビューを飾ることで、メジャーへの糸口をつかんだ。
1980年ミュンヘン・オペラ・フェスティバルに出演。
新演出「トリスタンとイゾルデ」にて『80年代の新しいイゾルデ』との評価を得た。
1983年バイロイト音楽祭の新演出「ニーベルングの指環」でゲオルク・ショルティ指揮の下、ブリュンヒルデ役を初めて演じ絶賛され、世界各地の歌劇場で同役を演じるようになる。