芸能人・経営者のおくやみ情報

泉鏡花(いずみきょうか)

小説家[日本]

1939年 9月7日 死去がん性肺腫瘍享年67歳

泉鏡花 - ウィキペディアより引用

泉 鏡花(いずみ きょうか、1873年(明治6年)11月4日 - 1939年(昭和14年)9月7日)は、日本の小説家。
明治後期から昭和初期にかけて活躍した。
小説の他に戯曲や俳句も手がけた。
本名、鏡太郎(きょうたろう)。
金沢市下新町生れ。
尾崎紅葉に師事した。
『夜行巡査』『外科室』で評価を得、『高野聖』で人気作家になる。
江戸文芸の影響を深くうけた怪奇趣味と特有のロマンティシズムで知られる。
また近代における幻想文学の先駆者としても評価される。
他の主要作品に『照葉狂言』、『婦系図』、『歌行燈』などがある。
生涯 上京まで 1873年(明治6年)11月4日、石川県金沢市下新町に生れる。
父・清次は、工名を政光といい、加賀藩細工方白銀職の系譜に属する象眼細工・彫金等の錺職人。
母・鈴は、加賀藩御手役者葛野流大鼓方中田万三郎豊喜の末娘で、江戸の生れ。
幼少期における故郷金沢や母親の思い出は後年に至るまで鏡花の愛惜措くあたわざるものであり、折にふれて作品のなかに登場する。

いずみ・きょうか(1873-1939) 本名:泉鏡太郎(いずみ・きょうたろう) 作家、小説家。初期の観念小説を経て、浪漫主義文学(浪漫派)、反自然主義。 江戸戯作の流れを汲む数多くの名作を残し、幻想的で神秘幽玄、華麗で壮大な気宇の、巧緻を尽くした小説・戯曲は文学界のみならず映画界や演劇界に今なお強い影響を与えている。 自然主義文学・リアリズム文学の強い影響下にあってそれらを主流とした日本近代文学史上では鏡花は傍流として位置づけられていたが、近年再評価の気運が強い。 尾張町商店街>年表と泉鏡花の作品一覧 1873年(明治6年)11月4日、石川県金沢市下新町(現・尾張町2丁目)に生まれる。父は加賀藩に仕えた彫金師、母は能楽師の血を引いていた(鏡花9歳の時に死去、この母の死は亡母憧憬・摩耶夫人信仰につながり、後年の鏡花の作品に色濃く反映されている)。北陸英和学校中退。1890年(明治23年)上京、1891年(明治24年)尾崎紅葉の門下生となり小説修行を重ねた。 尾崎紅葉のもとで小説修業をし、『夜行巡査』『外科室』の2作が評価を得て、本格的な作家生活に入った。幽玄華麗な独特の文体と巧緻を尽くした作風は、川端康成、石川淳、三島由紀夫らに影響を与えた。青空文庫・作家別作品リスト:泉鏡花 1939年(昭和14年)9月7日、肺腫瘍のため死去。享年65歳。 (引用元 Hatena Keyword)