芸能人・経営者のおくやみ情報

河口慧海

黄檗宗侶、仏教学者、探検家[日本]

1945年 2月24日 死去脳溢血享年80歳

河口慧海 - ウィキペディアより引用

河口 慧海(かわぐち えかい、1866年2月26日(慶応2年1月12日) - 1945年(昭和20年)2月24日)は、黄檗宗の僧侶。
仏教学者にして探検家。
幼名を定治郎という。
僧名は慧海仁広(えかいじんこう)。
中国や日本に伝承されている漢語に音訳された仏典に疑問をおぼえ、仏陀本来の教えの意味が分かる物を求めて、梵語の原典とチベット語訳の仏典入手を決意。
日本人として初めてチベットへの入国を果たした。
1866年(慶応2年)摂津国堺山伏町(現・大阪府堺市堺区北旅籠町西3丁)生まれ。
1890年(明治23年)に黄檗宗の五百羅漢寺(当時は東京本所にあった)で得度を受け出家する。
1892年(明治25年)には大阪妙徳寺に入り、禅を学ぶ。
その後、五百羅漢寺の住職を勉めるまでになるが、その地位を打ち捨て、梵語・チベット語の仏典を求めて、鎖国状態にあったチベットを目指す。
数々の苦難の末、2度のチベット入りを果す。
帰国した後、1921年(大正10年)年に還俗する。
(その理由については自身の著書『在家仏教』に詳しく記されている。

仏教学者・チベット探検家。チベット仏教研究の泰斗。大阪堺生。幼名は定次郎。黄檗宗、五百羅漢寺海野希禅のもとで得度、慧海と号す。従来の漢訳仏典の正確さに疑問を抱き、チベット語原典の研究を志して、インドからチベットへ密入国、日本人で初めて首都ラサに至り、チベット一切経などの多数の貴重な資料を将来。のち黄檗宗の僧籍を返上、還俗して在家仏教を提唱、大正大教授、東洋文庫研究員をつとめた。『チベット旅行記』『在家仏教』等著書多数。昭和20年(1945)歿、80才。 (引用元 コトバンク)

「河口慧海」と関連する人物(故人)