芸能人・経営者のおくやみ情報

京マチ子 氏(きょうまちこ)

女優[日本]

2019年 5月12日 死去心不全享年96歳

京マチ子 - ウィキペディアより引用

京 マチ子(きょう マチこ、1924年(大正13年)3月25日 - )は、日本の女優である。
本名、矢野 元子(やの もとこ)。
大阪府大阪市出身。
来歴・人物 1936年(昭和11年)、大阪松竹少女歌劇団(OSSK)に入団。
娘役スターとして活躍。
1949年(昭和24年)に大映に入社、女優デビューした。
後輩の若尾文子、山本富士子と共に大映の看板女優として大活躍した。
溝口健二監督作品『雨月物語』(1953年) 、 黒澤明監督作品『羅生門』(1950年)、衣笠貞之助監督作品『地獄門』(1953年)など、海外の映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」と呼ばれる。
1971年(昭和46年)の大映倒産以降はテレビドラマと舞台に活動の場を移す。
80歳を過ぎても2006年頃まで舞台などで活動を続けていた。
私生活 一人っ子として出生したものの、5歳のときに父が蒸発により生別、母と祖母の手で成長した経緯を持つ。
大映社長永田雅一との恋愛関係が憶測された時期もあったが、デビュー以来今日まで独身を通す。

女優 1924(大正13)3月25日生まれ。 代表作「痴人の愛」「羅生門」等 (引用元 Hatena Keyword)