芸能人・経営者のおくやみ情報

黒姫山秀男 氏(くろひめやまひでお)

相撲力士[日本]

2019年 4月25日 死去肺炎享年72歳

黒姫山 秀男(くろひめやま ひでお、1948年11月12日 - )は、新潟県西頸城郡青海町(現在の糸魚川市)出身で立浪部屋所属の元大相撲力士。
本名は田中秀男(たなか ひでお)。
現役時代の体格は182cm、147kg。
得意手は押し、右四つ、寄り。
最高位は関脇。
現在は、年寄・武隈 (相撲) 武隈。
四股名の由来は出身地旧青海町の黒姫山 (糸魚川市) 黒姫山から。

出稼ぎに出た父親が戻ってこず、中学校を卒業すると家の家計を助けるために大相撲入りを決断し1964年3月場所で初土俵を踏んだ。
1969年3月場所に新十両、1969年7月場所に新入幕と順調に出世した。
立合いからのぶちかましは強烈で、その威力から蒸気機関車の代名詞である国鉄D51形蒸気機関車 デゴイチの異名をとった。
また、額の広いことで三菱・デボネア デボネアとのあだ名もあった。
横綱・大関陣との対戦でも必殺のぶちかましで、横綱・北の湖敏満 北の湖に8勝、横綱・輪島大士 輪島に7勝、横綱・若乃花幹士 (2代) 若乃花に5勝し、金星 (相撲) 金星も6個を上げた。

「黒姫山秀男」と関連する人物(故人)