芸能人・経営者のおくやみ情報

川田晴久 氏(かわだはるひさ)

俳優歌手、コメディアン[日本]

(本名・岡村郁二郎)

1957年 6月21日 死去享年51歳

川田晴久 - ウィキペディアより引用

川田 晴久(川田 義雄)(かわだ はるひさ(かわだ よしお)、本名、岡村 郁二郎、1907年3月15日 - 1957年6月21日)は、昭和期を代表する日本の俳優、歌手、コメディアン、ボードビリアン。
いわゆるボーイズものの創始者である。
灘康次を始め、多くの弟子を育てたことでも知られる。
また、美空ひばりの「師匠」または「芸能界の育ての親」としても、近年、再評価が為されている。
戦前は主に吉本興業(東京吉本)所属。
プロフィール 東京都本郷根津の印刷所を経営する家に生れる。
貧しかった少年時代に、家々の屋根を棒で飛び越えるという遊びに興じていた際に転落してしまう。
この不慮の事故により脊椎カリエスを患うことになり、これが終生川田を悩ませる病となる。
音楽好きな少年で、独学でハーモニカやヴァイオリンに親しんでいた。
1930年、浅草音羽座でレビュー歌手・川田義雄としてハーモニカを持ってデビュー。
当時、絶大な人気を誇ったテナー歌手藤原義江に傾倒していたことから、テノールを表す「川」とローカルカラーを表す「田」、それに藤原義江からの「義」を取って、川田義雄を芸名として名乗ったとされている。

かわだ-はるひさ 1907-1957昭和時代の歌手,俳優。明治40年3月15日生まれ。川田義雄の名でデビュー。昭和12年芝利英(りえ),坊屋三郎,益田キートン(のち喜頓)と「あきれたぼういず」を結成,歌謡漫談をはじめる。14年「ミルク・ブラザース」を結成。「地球の上に朝が来る……」の川田節で一世を風靡(ふうび)した。戦後は舞台,ラジオ,映画で活躍。昭和32年6月21日死去。50歳。東京出身。本名は岡村郁二郎。 (引用元 コトバンク)