芸能人・経営者のおくやみ情報

ミヒャエル・ギーレン 氏Michael Gielen

指揮者作曲家[オーストリア]

2019年 3月8日 死去肺炎享年93歳

ミヒャエル・ギーレン(Michael Gielen, 1927年7月20日 -)は、ドイツの指揮者、作曲家。
現代音楽を得意とし、グスタフ・マーラーやアルノルト・シェーンベルクなど大編成の楽曲を精妙で色彩豊かなアンサンブルで聴かせる。
独特の容貌もあって、「冷血」、「切れ味鋭い」、「ガンガン」などの表現がよく使われる指揮者であるが、近年の演奏では大家の風格を備えてきているともいわれる。
1927年、ドレスデン生まれ。
父親は舞台演出家。
母親はユダヤ系。
1940年、アルゼンチンに移住。
ブエノスアイレスで、哲学、ピアノ、音楽理論、作曲を学ぶ。
このころカルロス・クライバーと知り合いエーリヒ・クライバーの指揮するバッハの「マタイ受難曲」の通奏低音なども担当する。
その後もザルツブルクなどでカラヤンのプローベなどを一緒に勉強する。
1950年、ヨーロッパに戻り、ウィーン国立歌劇場の練習指揮者。
1960年、ストックホルム王立歌劇場音楽監督。
1968年、ベルギー国立管弦楽団首席指揮者。
1977-1987年、フランクフルト歌劇場芸術総監督。