芸能人・経営者のおくやみ情報

森山加代子 氏(もりやまかよこ)

歌手[日本]

2019年 3月6日 死去がん享年78歳

森山 加代子(もりやま かよこ、1942年3月23日 - )は、北海道函館市出身の日本の歌手。
概略 1960年代は洋楽をベースとしたコミカルなイメージのカバー曲を中心に数多くのヒットソングを歌い、1970年代に入ってからは「白い蝶のサンバ」の歌謡曲が大ヒットした。
ニックネームは「かよチャン」。
1958年夏、札幌のジャズ喫茶『ロータリー」で歌っていたところを、マナセプロダクション社長の曲直瀬正雄にスカウトされて上京する。
水原弘率いる『水原弘とブルーソックス』の専属シンガーとなる。
1959年12月の日劇ウエスタンカーニバルに初出場。
1960年6月、イタリアの歌手ミーナ(英語版)の『月影のナポリ』(Tintarella di luna)の日本語カバーでレコード・デビュー。
『月影のナポリ』は50万枚を売り上げて、いきなりの大ヒットとなる。
続く『メロンの気持』『月影のキューバ』などヒットを連発。
ミュージック・ライフ誌の人気投票女性部門で第1位に選ばれる。
また新人としては異例の早さで同年の『第11回NHK紅白歌合戦』に初出場。

歌手。 1960年、「月影のナポリ」で華々しいデビューを飾り、一躍若者のアイドルとなる。続けて「月影のキューバ」「メロンの気持ち」等を次々とヒットさせ、日本のポップスシーンの第一人者となる。またその年のミュージックライフ誌において人気投票・女性部門の第一位に選ばれる。翌1961年、「じんじろげ?」「スビスビスー」「パイのパイのパイ」といった言葉遊び的な唄を続けて発表。いずれも大ヒットとなり、当時の流行語にまでなる。また、当時大活躍中の坂本九とのゴールデンコンビは若者達の羨望の的にもなった。 1970年、「白い蝶のサンバ」の大ヒットにより、新境地を開拓する。 (引用元 Hatena Keyword)

「森山加代子」と関連する人物(故人)