芸能人・経営者のおくやみ情報

ドナルド・キーン 氏Donald Lawrence Keene

日本文学者、文芸評論家[アメリカ→日本]

2019年 2月24日 死去心不全享年98歳

ドナルド・キーン - ウィキペディアより引用

ドナルド・キーン(1922年6月18日 - )は、アメリカ合衆国出身の日本文学者・日本学者。
日本文学と日本文化研究の第一人者であり、文芸評論家としても多くの著作がある。
日本国籍取得後、本名を出生名の「Donald Lawrence Keene」から、カタカナ表記の「キーン ドナルド」へと改めた。
通称(雅号)として漢字で鬼怒鳴門(きーん どなるど)を使う。
コロンビア大学名誉教授。
日本文化を欧米へ紹介して数多くの業績があり数多くの大学や研究施設から様々な受賞経歴を持つ。
称号は東京都北区名誉区民、新潟県柏崎市名誉市民、ケンブリッジ大学、東北大学、杏林大学ほかから名誉博士。
賞歴には全米文芸評論家賞受賞など。
勲等は勲二等。
2008年に文化勲章受章。
また、日本ペンクラブの名誉会員であり、2012年11月26日の日本ペンクラブ創立記念懇談会では演説を行った。
日本語の習得においてはOSSの坂井米夫に師事した。
ポール・ブルームと合宿に精を出し、諜報員としてのキャリアを積んだ。
生い立ち ニューヨーク市ブルックリン区で貿易商の家庭に生まれる。

Donald Lawrence Keene ドナルド・ローレンス・キーン 日本文学研究者。東京都北区名誉区民。米コロンビア大名誉教授、ケンブリッジ大学・東北大学・慶應義塾大学・・・名誉博士 1922年、ニューヨーク生まれ。学生時代に「源氏物語」の英訳を読み、日本文化に興味を抱く。 1986年、「ドナルド・キーン日本文化センター」を設立。 2008年、文化勲章受章受賞 2011年、震災で傷ついた日本を励ますために日本に永住することを決意 2012年、日本国籍を取得 (引用元 Hatena Keyword)