芸能人・経営者のおくやみ情報

麻田貞雄 氏(あさださだお)

歴史学者[日本]

(同志社大学名誉教授・アメリカ外交史)

2019年 2月4日 死去インフルエンザ享年84歳

麻田 貞雄(あさだ さだお、1936年1月29日 - )は、日本の歴史学者。
現在、同志社大学名誉教授。
専門はアメリカ外交史・日米関係史。

同志社中学校・同志社高等学校 高等学校を経て、1958年カールトン大学歴史学部卒業、1960年イェール大学大学院修士課程、1963年同大学院博士課程修了(Ph.D、歴史学)。

同志社大学アメリカ研究所研究員(1963-64年)、同講師(1964-67年)、同助教授(1967-72年)を経て、1972年より同志社大学法学部助教授、教授を歴任した。
2006年退職。

『両大戦間の日米関係』で1994年度第12回吉野作造賞を受賞。
門下生として川崎剛、柴山太、村田晃嗣などがいる。
研究を通じて太平洋戦争末期の原子爆弾#原子爆弾が与えた影響 原爆投下の政治的・軍事的な意義を重視する評価を行なっており、近著でこの解釈に異論を唱えた長谷川毅との間に激しい論争を行なっている。

「麻田貞雄」と関連する人物(故人)