芸能人・経営者のおくやみ情報

岩本義行 氏(いわもとよしゆき)

プロ野球選手、監督[日本]

2008年 9月26日 死去急性心不全享年97歳

岩本義行 - ウィキペディアより引用

岩本 義行(いわもと よしゆき、1912年3月11日 - 2008年9月26日)は、広島県三次市出身のプロ野球選手(外野手)・監督。
「元祖神主打法」「初代トリプルスリー」。
弟はプロ野球南海の投手・審判を務めた岩本信一。
5人いる孫の1人に女優の遠野舞子がいる。
来歴・人物 中等学校時代 旧制三次中学(現:三次高校)から、二年時に旧制広陵中学(現:広陵高校)に転校。
広陵野球部のスラッガーとして活躍し、乱闘試合のドサクサ紛れに補欠なのに自分で代打を告げてホームランを打った、敬遠のワンバウンドした球を本塁打にしたなどの逸話を残す。
最上級生となった1931年に第17回全国中等学校優勝野球大会に出場。
「中学超弩級打者」と評されたが、準々決勝で吉田正男を擁する中京商業(現:中京大中京高校)に惜敗(中京商業はこの年から夏三連覇)。
しかし同年秋の神宮野球大会では吉田を打ち込み、更に前年から夏春連覇中で、この年の夏はハワイ遠征で欠場した灰山元治、鶴岡一人らのいた同じ広島の広島商業を決勝で岩本の長打2本で下す。

プロ野球選手(外野手)・指導者。 右投右打、ポジションは。背番号は1→2→30番。 1912年3月11日生まれ。広島県出身。 広陵中学から明治大学に進学。 1933年、東京六大学野球の首位打者を獲得。 1938年、南海軍に入団。応召するも1940年に選手として復帰。 1949年、太陽ロビンス(後の松竹ロビンス)に移籍。「神主打法」を極め4番打者に定着。 1950年、38歳で打率.319、39本塁打、34盗塁を記録、トリプルスリーを達成。 水爆打線の中心打者として活躍。同年の2リーグ制以降初のセ・リーグ優勝に貢献。 1952年、大洋ホエールズに移籍、1シーズン24死球のプロ野球記録を樹立。翌1953年には大洋松竹ロビンスに転じる。 1954年、一度現役引退。 1956年、東映フライヤーズに選手兼任監督として復帰。 1957年8月18日の阪急ブレーブス戦で、45歳5ヶ月の史上最年長本塁打を打つ。 同年、現役引退し、監督に専任。1961年まで務めた。 1962年、近鉄バファローズのコーチに就任。 1965年、監督に就任。1966年、成績不振により退任。 1981年、野球殿堂入り。 タレントの遠野舞子は孫。 (引用元 Hatena Keyword)