芸能人・経営者のおくやみ情報

徳永直 氏(とくながすなお)

作家[日本]

1958年 2月15日 死去胃がん享年60歳

徳永直 - ウィキペディアより引用

徳永 直 (とくなが すなお、1899年(明治32年)1月20日 - 1958年(昭和33年)2月15日)は、熊本県飽託郡花園村(現熊本市西区)生まれの小説家。
貧しい小作人の長男に生まれ、小学校卒業前から、印刷工・文選工など職を転々とした。
また丁稚奉公をしながら一時夜学に通うも中退、その後勤めた熊本煙草専売局の仲間の影響で文学・労働運動に身を投じ、1920年に熊本印刷労働組合創立に参加する。
同時期新人会熊本支部にも加わり、林房雄らと知り合う。
1922年山川均を頼って上京、博文館印刷所(後の共同印刷所)に植字工として勤務。
この頃から小説を書き始め、1925年に「無産者の恋」を組合の雑誌に発表し、また習作として「馬」を書いた(発表は1930年になって、単行本に収録したときである)。
翌年共同印刷争議に敗れ、同僚1700人とともに解雇される。
1929年この時の体験を基にした長編「太陽のない街」を『戦旗』に連載、労働者出身のプロレタリア作家として独自の位置を占めるようになる。

とくながすなお [生]1899.1.20.熊本,花園[没]1958.2.15.東京小説家。小学校中退。職を転々としたのち,1922年山川均を頼って上京,印刷工員として労働組合運動に参加。26年共同印刷の大争議にかかわり,敗北後この争議の経過を描いた『太陽のない街』を『戦旗』に連載,これによりプロレタリア作家として認められた。第2次世界大戦中は『光をかかぐる人々』(1943)で地味な抵抗を示し,戦後は新日本文学会の結成に参加,『新日本文学』創刊号から亡妻の思い出として下積みの女の一生を描いた『妻よねむれ』(46~48)を発表。ほかに『八年制』(37),『静かなる山々』(49~54),『草いきれ』(56)などがある。 (引用元 コトバンク)

「徳永直」と関連する人物(故人)