芸能人・経営者のおくやみ情報

高垣眸 氏(たかがきひとみ)

児童文学作家[日本]

(別名義 : 田川緑、青海、小野迪夫)

1983年 4月2日 死去享年86歳

高垣 眸(たかがき ひとみ、1898年1月20日 - 1983年4月2日)は、昭和期の児童文学作家、大衆小説 大衆小説作家、小説家。
本名・末男。
別筆名・田川緑、青海、小野迪夫。

   
広島県尾道市土堂生まれ。
生家は醤油醸造業を営んでいた。
幼少から軍艦に憧れ、海に情憬を持ち育った。
このため海を舞台にした作品が多い。

1920年早稲田大学英文科卒業。
新聞記者を志したが叶わず、同郷の行友李風のいた新国劇脚本部に入る。
間も無く兵役のため退職し復員後は、東京府立青梅実科高等女学校(現・東京都立多摩高等学校 東京都立多摩高等学校)の英語教師として赴任。
教師の傍ら少年向けの冒険小説を書き始め1925年、雑誌「少年倶楽部」の『龍神丸』でデビュー。

前年に生まれた長女の名前を採ってペンネームを"高垣眸"とした。
この作品は少年伝奇小説として一時代を画した。
続いて発表された『豹(ジャガー)の眼』は、次に生まれた長男の名と暮らした青梅市から"青梅昕二"名義で発表。
この作品はのち1959年、KRT(現・東京放送 TBS)「月光仮面」の後番組、日本初の本格的テレビアクションとしてTVドラマ化された。

児童文学作家、大衆小説作家。 1898年(明治31年)1月20日、生まれ。1983年(昭和58年)4月2日、死去。 『快傑黒頭巾』や『豹(ジャガー)の眼』等で知られる。 (引用元 Hatena Keyword)

「高垣眸」と関連する人物(故人)