芸能人・経営者のおくやみ情報

ピナ・バウシュ 氏

振付師、演出家[ドイツ]

2009年 6月30日 死去がん享年68歳

ピナ・バウシュ - ウィキペディアより引用

ピーナ・バウシュ(Pina Bausch 本名Philippine Bausch,1940年7月27日 - 2009年6月30日)は、ドイツのコンテンポラリー・ダンスの振付家。
1940年ドイツのゾーリンゲン生まれ。
実家はカフェレストラン。
14歳からエッセンのフォルクヴァング芸術大学でクルト・ヨースに師事。
18歳で首席卒業後、国費交換留学生としてニューヨーク、ジュリアード音楽院舞踊科に入学。
アントニー・チューダーの勧めによりメトロポリタン・オペラ・バレエ団やニュー・アメリカン・バレエ団などで活動。
1962年に帰国し、フォルクヴァンク舞踊団でソリストとして活躍。
振付を開始し、1969年には芸術監督に就任。
この年フォルクヴァング芸術大学の教授にもなっている。
同年の作品 『時の風の中で』 がケルンの国際振付家コンクールで1位を獲得した。
1973年、ヴッパタール舞踊団の芸術監督に就任する。
ドイツ表現主義舞踊の権威であるヨースの影響を色濃く受け継ぎながら、演劇的手法を取り入れたピナ独自の舞踊芸術は演劇とダンスの融合とも言われ、彼女自身は「タンツ・テアター」と呼ぶ。

演劇とダンスの境界線を取り払ったダンスシアターという独自の様式で、数多くの熱狂的なファンを持つ。ヨーロッパではチケット入手が一番困難な振付家といわれている。その舞台は常に、いつの時代のどこの場所なのかわからない設定。ダンサーたちが自分自身について語ったり、子どもの遊びのような動きを反復したり、こつこつと何かを作り上げたりするなかで、「報いられない愛」が描かれる。ピナ・バウシュが率いるブッパタール舞踊団が初来日したのは1986年。20年後の2006年4月に、来日公演10回目の節目として、初来日時と同じ作品「カフェ・ミュラー」と「春の祭典」を、同じ国立劇場で上演した。2007年、京都賞(思想芸術部門)を受賞。 (鈴木晶舞踊評論家/2008年) (引用元 コトバンク)

「ピナ・バウシュ」と関連する人物(故人)