芸能人・経営者のおくやみ情報

福田赳夫 氏(ふくだたけお)

政治家、内閣総理大臣[日本]

1995年 7月25日 死去肺気腫享年91歳

福田赳夫 - ウィキペディアより引用

福田 赳夫(ふくだ たけお、1905年(明治38年)1月14日 - 1995年(平成7年)7月5日)は、日本の大蔵官僚、政治家。
位階は正二位。
勲等は大勲位。
衆議院議員、農林大臣(第27代)、大蔵大臣(第70・73・74・78代)、外務大臣(第99代)、行政管理庁長官(第36代)、経済企画庁長官(第26代)、内閣総理大臣(第67代)などを歴任。
来歴・人物 生い立ち 群馬県群馬郡金古町足門(現在の高崎市足門町)に父・福田善治(元金古町長)の二男として生まれた。
日露戦争において日本軍が旅順入城をした翌日に生まれたため、「赳夫」と命名された。
福田家は江戸時代には名主(庄屋)を務めた地元の名門であった。
小学校の頃から神童の誉れ高く、旧制高崎中学(現在の群馬県立高崎高等学校)を首席で卒業し、第一高等学校から東京帝国大学法学部へ進学。
官僚時代 高等文官試験に一番の成績で合格し、大蔵省に入省した。
大蔵省入省から1年を経ずに、財務官付の役職でロンドンの在英日本大使館に派遣された。